「今日もつぶやいて1円募金しました」

これ、なんのことだかわかりますか?

見たことはあってもなんのことだかご存じない方、まったくご存じない方は、ぜひこの機会に覚えていってください。

実はこれ、『ユニリーバ東日本大震災募金』のツイッター募金を実行したとき、ツイート欄に表示される一文なのです。

 

心強い大企業の被災地支援

 

東日本大震災から数カ月。今でも私たちの助けを必要としている被災者の方は数多くいます。

またその一方で、そんな被災者の方たちにどうやったらより良い援助ができるのか思考錯誤する企業も少なくありません。

そんななかで動いた企業の一つが“ユニリーバ”です。

ユニリーバとは、オランダとイギリスに本拠を置いている多国籍企業で、主に食品や洗剤、ヘアケアやトイレタリーなどの家庭用品を扱っているメーカーです。

お風呂場の「ラックス」「ダブ」「モッズヘア」、紅茶の「リプトン」といえば馴染みがあるかたも多いのではないでしょうか。

 

ツイートがお金になる仕組み

 

そのユニリーバが東日本大震災を機に始めた『ユニリーバ東日本大震災募金』。

これは、サイトの募金ボタンをクリック、もしくはツイッター上に投稿すると、1アクションにつき1円をユニリーバが募金するという仕組みになっています。

さらに詳しく説明すると、ドネーター(寄付する人)である企業がツイッターを通して広報してもらっているので、そのお礼をツイートした人に払う代わりに、ドネーティ(寄付される人)である被災地に贈っているという仕組みです。

つまりツイートしている人は、寄付金を負担することなく寄付することが可能なのです。クリックだけの労力で募金ができるなんて、驚きですよね。

 

ユニークなアレンジ文章がたくさん

 

また、ツイートですので当然あなたのつぶやきを載せることができます。

基本的に記事冒頭の「今日もつぶやいて1円募金しました」という一文が出るのですが、その文章はアレンジすることも可能です。

むしろあなたがアレンジを加え、そのツイートでフォロワーさんの目を引かせることでさらなる”宣伝効果=募金”へと繋がります。

では、いくつか例を挙げてみましょう。

●「今日もこつこつつぶやいて1円募金しました」
●「おはようございます。仕事です。…自分なりに頑張ります!今日もつぶやいて1円募金しました」
●「テンションがファイヤー高くて寝れやしないけど、1円募金しておやすみなさいします」
●「猫も募金できたら良いのに…。今日もつぶやいて1円募金しました」
●「有楽町線は今朝も冷え過ぎナウ今日もつぶやいて1円募金しました」
●「今日もmixiとツイッターでつぶやいて2円募金しました」
●「一円托生 『同じ一円に身を任せ生まれ変わる事』…と、ここまで書いて努力の割に面白くない事に気がつきました…」
●「ボンバーマンがサイボーグ設定だったなんて、と今日もつぶやいて1円募金しました」

本当に募金できているのか?と思えるほど気軽なツイートたちですが、これで1ツイート1円の募金になるのです。

ふだんどおりツイートするノリで、『ユニリーバ東日本大震災募金』のツイッター募金のボタンをクリックすればいいのです。

 

こつこつ1円ずつでもすでに900万円

 

『ユニリーバ東日本大震災募金』サイトのトップにはこんな文が載っています。

「大きな自然災害の前では、一人ひとりの力は小さく感じられるかもしれません。
でも、私たちはひとりではありません。いまできることを、みんなで積み重ねていく。
きょうも、あしたも、あさっても。
小さなことでも、ずっとずっと積み重ねていけば大きな力になる。
そう信じて、企業としての緊急支援に加え、「ユニリーバ東日本大震災募金」をはじめました。
あなたのクリックやつぶやきが、復興への支援につながります。
ご協力をお願いいたします。」
(ユニリーバ東日本大震災募金トップページより引用)

こうした、ユニリーバの積極的活動とみなさんの善意により、すでに募金総額は900万円を越えています。(9月1日現在)

ぜひ、1000万円目はあなたのツイートで迎えましょう!

【ユニリーバ東日本大震災募金】http://www.unilever-sabd.jp/

 

おすすめ特集コラム

 

[10月]最も読まれた記事TOP10
恋愛を理屈で考えてみる!高偏差値恋愛記事5選
「女って怖いな…」と思わずにはいられない記事5選
自分を売り込むプロ=芸能人に学べ!「恋愛の極意」7選
サボリ女子のホメられBodyの作り方
Written by 奥山いくほ
Photo by Jorge Quinteros

ライフスタイル】の最新記事
  • 女性にはわからない男性の痛み! 急所直撃珍エピソード
  • 男をがっかりさせる女性のおじさん行動
  • 猫被り女性はもうたくさん! 本性を見抜く方法
  • 上手にストレス回避! 女上司からのパワハラを跳ね返す対処法
  • 生理の時にこういう対応してくれる男性はモテる!
  • 身近な男性が「神」に見えた体験エピソード5選
  • なぜデリケートゾーンは黒ずむの? 誰にも聞けない理由と対処法
  • 夏の天敵「あせも(汗疹)」原因と対処法をご紹介!