女性社員の気を引こうと、仕事のメールなのに顔文字を使ってみたり、ウケを狙って流行語をやたらと多用してみたり……。送り主側は「お近づきになりたい」感全開で送ってきても、受け取る側が「痛々しい」「ウザい!」としか感じられないのはただの迷惑メールです。
そんな「オヤジ社員から届くドン引きメール」をご紹介します。

 

オヤジ社員から届くドン引きメール

 

仕事の上司や先輩から送られてきた業務メールをないがしろにすることはできません。ですが、こんな「ドン引きメール」だったらどうしますか?

●その1:ムリして若者感を出している

「緊急連絡用にと上司に知らせた携帯メールに、絵文字満載のどうでもいい私信が送られてきます……。しかも文末に(汗)(涙)とか、『ランチなう』『髪型がいいね』など、ムリしてる感漂う若者表現を多用。本人ががんばればがんばるほど、痛々しいメールに」(25歳/デザイナー)

●その2:当たり前のことを送ってくる

「就業中にもかかわらず、『今、忙しい?』『まだ、仕事中?』と当たり前のことをわざわざ尋ねてくるメール。あるいは、『おはよう』『ヤッホー!』といちいち届くあいさつメール。本人は軽く声をかけるつもりで送信しているのでしょうが、彼氏でもないのにこんなノリでメールされても困ります。義理で返信しようものなら『元気してる?』『ガンバルンバ』など、時代遅れのギャグで返信がありさらに困惑。どう返信してよいものか、悩む時間がもったいない!」(29歳/派遣社員)

●その3:「あとで電話します」と深追いしてくる

「メールで済む用件なのに『あとで電話します』と深追いしてくるメール。返信がちょっと遅れただけなのに『メール読みましたか? 後で電話します』、十分メールだけで理解できるのに『メールでは分かりにくいと思うので、後で電話します』など、いずれも仕事がムダに増えて迷惑。用事はメールで完結させてほしい!」(33歳/システム)

●その4:勘違いの妄想が暴走している

「私の退社後に、既婚の男性社員から『もう、帰宅されたようですね。今なら残業しているのは私だけなので、声を聞きたいと思い電話したのですが…(涙)』と送られてきていた。こんな不気味なメールを朝のメールチェック中に開封してドン引き。『声が聞きたい』って、何か勘違いしているのでは? 終業後に妄想を膨らませるのはおやめになって!」(26歳/IT)

●その5:下ネタ全開で振ってくる

「接待ゴルフの後、部長が男性社員宛に『筋肉痛なう。いやはや、佐藤さんはわが社の石川遼ですな。あんなに飛ばすなんて、さぞかし夜も飛ばし屋なのでしょうな』というメールが送信されます。この手の下ネタメールは、気心の知れた女性社員宛にも時折送られてきます。本人はご機嫌でしょうが、受信した方は不機嫌にならざるを得ません!」(25歳/飲料メーカー)

 

ドン引きメールの対処法

 

こういったドン引きメールも、仕事の上司や客先から送られてくる場合、無視するわけにいかないのがつらいところ。

ドン引きメールの対処法は2点。内容には同調しない、相手のノリに呑まれず、「承知しました」「今後ともよろしくお願いいたします」と、あくまで事務的に対応して切り抜けましょう。

◆嫌われメールを送っていませんか?
重い、自己中、失礼すぎる…「嫌われメール」の特徴と解決策7選Written by 神垣あゆみ
Photo by Robby Mueller

ライフスタイル】の最新記事
  • アラサーなら絶対必須!プラス1で超好感度アップの流儀3選
  • 幸福を遠ざける3つのNGワードはコレ
  • あなたがあなたらしく生きて幸せをつかむために
  • あなたは今、人生の中で「どういう時期」を迎えている?
  • あなたの「絶対的な強み」は何?
  • あなたが楽しく生きていくために必要なもの
  • あなたが陥りやすいピンチと、上手なすり抜け方
  • 鍋奉行が性格豹変?本当にあった壮絶な鍋パーティー7選
あなたへのおすすめ