最近、大飯原発の再稼動や、脱原発デモが大きな話題となっています。
原発に関しては賛否両論ですが、ある「食の安全性」に関するアンケート調査に、とてもシンプルな国民の意識が表われていたのでご紹介します。

 

食の安全に関する調査で「食中毒」よりも「放射能汚染」

 

大飯原発の再稼動に反対するデモや、首相官邸前に約15〜18万人(主催者発表※2)が集まったとされる脱原発デモなどが話題となり、「原発」に対する国民の関心はかなり高まっています。

マイボイスコムが行った「食の安全性に関するアンケート調査」(※1)も、原発問題を反映した結果となりました。数年ごとに行われている調査ですが、今回調査で際立っていた項目についてご紹介します。

調査期間は6月1日〜5日。インターネット経由で11,649名が対象。男性49%、女性51%とほぼ半々。10代1%、20代10%、30代25%、40代31%、50代以上33%という比率です。

●直近1年間で、食の安全に対する意識は変わりましたか?

「食の安全の意識・行動に変化があった」と回答したひとは、約60%。変化の内容としては「原産地を気にするようになった」(33.2%)が最多でした。続く「賞味期限を気にするようになった」(19.7%)、「食品表示やパッケージの説明をよく読むようになった」(19.0%)と比べても、関心が高いことが分かります。

●不安を感じている事柄は?

「食に対して不安に感じているのはどのような事柄ですか?(複数回答可)」という質問に対しての回答は、1位が「食品の放射能汚染」(54.9%)、続いて「残留農薬」(54.5%)、「添加物」(54.4%)。過去3回の調査を見ても、「残留農薬」と「添加物」は2トップで、これに「食品の放射能汚染」が並んできたとなると、やはり大きな関心が寄せられていると言えるでしょう。
また、梅雨時期のアンケートでしたが、「食中毒菌」への不安は29.5%。2008年の前回調査(「食中毒菌」48.7%)よりも減少していました。

 

「放射能の不安」は国民に共通する関心ごと

 

福島の原発事故、東北の復興、原発再稼動、反対派のなかでもデモへの賛否、政府の責任問題など、かなり複雑化してしまっている「原発問題」。ですが、この「食の安全性に関するアンケート調査」にシンプルな国民意見が反映されているように思います。

「放射能の不安なく暮らしたい」という願いの実現へ向けて、さまざまな角度から検証した、最善の解決方法が求められます。

◆生活や食の安全には、いつでも気を使いたい!
ビールとワインを飲んで喘息になる?防腐剤アレルギーに注意

 

関連コラム

 

甘すぎる!安易な性交渉は性病のもと
肥満になりやすい生活7選
孤独を感じるひとの45%は早死にする?
「残念な女」がやりがちな手抜きケア5選
うなぎ、牡蠣など「真のED改善フード」を検証!

 

おすすめ特集コラム

 

月間Bestコラム10選
「漫画」はモテ人生の教科書!漫画に学ぶ“モテモテ道”
「結婚」が頭をちらつく未婚女性が読んでおくべき記事7選
「女って怖いな…」と思わずにはいられない記事5選
サボリ女子のホメられBodyの作り方
(参考)
(※1)【食の安全のアンケート調査(4)|ネットリサーチのマイボイスコム】
http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/16707/index.html

(※2)【朝日新聞デジタル:全国各地で原発抗議 官邸前「15万人」で騒然 - 社会】
http://www.asahi.com/national/update/0629/TKY201206290577.html

Written by 浅川有紀
Photo by -Delphine - Back

ライフスタイル】の最新記事
  • お金が嫌いだとお金持ちになれない? 金持ちになるための4つの心得
  • 職場でのマウンティング~仕事のライバル?対等の関係?身近な女性社員編
  • 女性だから冷え性は当たり前ではないのです!愛されるあったか女子を目指せ!
  • ツライ肩コリを今すぐ解消! キーワードは「天使の羽根」
  • イタイ! いつまでも若者気分が抜けていない女性の言動
  • 「さすがにドン引き……」男性が漏らしたムダ毛にまつわる本音
  • 無意識にやってない? 周囲が気になる「おば行動」
  • GoTo!恋人との初旅行での失敗話