「Facebookは実生活の延長だから、空気を読んで使うべき。そうでなければ嫌われる」
そんな「暗黙の了解」こそが「Facebook疲れ」を生み出しているのかもしれません。
 
というわけで、あえて空気を読まない=AKYなFacebook活用方法をご紹介します。
今、Facebook疲れに悩まされているあなた、ぜひ目を通してください。

 

そもそも、Facebook疲れはなぜ起こる?

 

セレージャテクノロジーが発表した、2015年3月時点の日本のFacebookユーザー数は、約2400万人。いまやFacebookは情報感度が高い人だけでなく、さまざまな層に浸透しているツールです。
 
しかし、オンライン市場調査会社グローバルウェブインデックスによると、アメリカのFacebookユーザー数は2011年から減少傾向に転じているそうです。また、2009年の調査に比べて、自分の近況をアップするユーザーは10%減、写真をアップするユーザーは5%減という結果。
 
2012年3月にジャストシステムが、日本国内の15歳〜59歳のFacebookユーザー900人を調査したところ「Facebookを利用していて、なんらかのストレスを感じたことがある」と回答したのは68.4%。
 
2012年4月24日付『ダイヤモンド・オンライン』で、メディア美学者であり札幌市立大学デザイン学部教授・武邑光裕氏は「Facebook疲れが起こっているのでは」と分析しています。
 
このように、さまざまなメディアで「Facebook疲れ」が指摘されているが、その原因は「空気の読みすぎ」によるところが大きいようです。
 
実際、筆者の周りにいるFacebookユーザーにストレスの要因をたずねてみると「実名なので、うかつなことを発言できない」「あまりに個人的な趣味だと、いいね! がつかなそうで怖い」「仕事の話ばかりしていると、嫌味だと思われそう」と、周囲の目を気にする声が目立ちました。
 
たしかに日本では、従来型の「村社会的文化」が根強く残っているため、少しでも規範から外れたことをすると、無視や陰口などの、いわゆる「村八分」的な制裁を受けることがあります。
 
ですが、あまりに空気を読みすぎてFacebookを活用しきれていないのだとしたら、それこそ本末転倒。Facebookは、普段の生活では見られない一面や、自分の考えを主張することによって、初めてユーザーの「人となり」を伝えるツールになるのですから。

 

関連キーワード
ライフスタイル】の最新記事
  • 人の幸せが妬ましい……! アラサー女子が病みがちな友人の幸せ5選
  • 「早く別れないかな」女子が語る! 友だちの彼氏が大嫌いな理由5選
  • 偉い男ほどスケベ? 社会的地位の高い男がセクハラしてしまうワケ
  • そこまでして痩せたいの? 男がドン引きする女子の要注意ダイエット法
  • 疲れが溜まって現実逃避したい!プチニートジャーニーのススメ
  • 今日から「自分らしく生きる」ためにできる4つのこと
  • 最近やる気が出ない……今の状況を占いで解決!
  • 不妊原因の半数は男性! “味覚”がもたらす男性不妊の実態とは