先日、東京都の調査で「女性が管理職を打診されても、引き受けるのはわずか11%」ということが判明しました。自分は管理職には向かない、不安、という声が多いのだそう。
そこで、いったいどんな女性が管理職に向くのか、リサーチしてみました。

 

管理職打診するも女性「引き受けない」

 

あるときの日本経済新聞の記事に「2009年度に東京都が調べた男女雇用平等参画状況によると、女性が上司から管理職への登用を勧められたとき引き受ける女性はわずか11%」という記事が掲載されました。女性が社会進出したとはいっても、管理職となるとまだまだ少ないのが現状なのですね。
 
「引き受けない」と回答した女性たちは26%で、その理由として「能力に自信がない」をトップに挙げています。次点は「仕事と家庭の両立が困難」でした。
 
たしかに、管理職となれば男性社員にも指示を出す立場になり、プライドが高い男性にイヤな思いをさせるかもしれないし、責任ある役職に就くと結婚・出産で仕事が滞ったら申し訳ないし……。女性たちが不安を感じるのもよく分かります。
 
でも、もしかしたらそんなあなたにこそ管理職が向いているかも……?
実は、先日ニュースサイトCNNに掲載された記事によると「罪悪感=管理職に向いている」というのです。
 

関連キーワード
ライフスタイル】の最新記事
  • 名探偵コナンに学ぶ! ピンチなときに使いたい名言
  • 今、あなたの心が本当に求めていることとは?
  • 「ジャイアン女子」になっていませんか? あなたのガキ大将度を診断
  • 節約? それともケチ? 男女の「お金」にまつわる価値観の違い
  • 本当にこれでいい?決断に迷っているあなたへ
  • お金持ちになるための4つの心得を学べばいい母親になれる⁉︎
  • もしも過去に戻れたら…あなたはいつに戻りたい?
  • クリスマスムードが高まって…雰囲気に踊らされた失敗デート7選