2012年5月19日、73歳の日本人女性がエベレスト登頂の女性最高齢記録を更新したことをごぞんじでしょうか?
何歳になってもアクティブな女性にはなにか光るものを感じます。アラサー、アラフォーなんてまだまだ青い! 世の中にはびっくりするようなすごいおばあちゃんがたくさんいるのです。今回はさまざまな「すごいおばあちゃん」をご紹介します。

 

世界は広い!スゴいおばあちゃんたち

 

いつまでも若々しく健康でありたい、これはどんな女性でも思うこと。今回はびっくりするほど元気なおばあちゃんたちを紹介します。

●その1:73歳でエベレスト登頂!

2012年5月19日、世界最高峰エベレスト(約8550m)の登山に挑戦していた渡辺玉枝さん(73)が登頂に成功し、自身が10年前に打ち立てた女性最高齢の記録を更新しました。
坂道をのぼったくらいで息切れし、膝が痛いと言いだすアラサーのみなさん、お分かりでしょうがエベレストは坂道とは比べものにならない急勾配。エベレストの登頂は困難をきわめ、天候も変わりやすく、死亡にいたる人もいます。それを73歳のおばあちゃんが制覇したというのですから驚かずにはいられません。「エベレストは一日にして成らず」、こんな言葉聞いたことありませんが日頃からのトレーニングの賜物であると言えるでしょう。頭が下がります。

●その2:71歳が犯人の似顔絵を描いて逮捕!

2009年7月31日、アメリカのノースカロライナ州ダーラム群に住む、71歳のジル・スミスさんは日曜大工店でハンドバッグをひったくられてしまいました。
ところがこのジルさん、定年退職する前は美術の先生をしており、警察で犯人について尋ねられると「紙とペンがあると説明しやすい」と言い、さらさらと似顔絵を描き上げたそうです。
そして、驚くのは、画力はさることながらその記憶力。この記憶力のおかげでおばあちゃんの画力が活かせたのでしょう。記憶力がよくても漫画太郎先生のような似顔絵では犯人の逃亡を手助けしているようなものです。どちらも優れていたからこそのお手柄でした。

●その3:78歳の凄腕エアピストル選手!

インドに住む78歳のチャンドロ・トマルさんは、世界で最高齢のエアピストル・ライフル射撃競技のプロ選手です。6人のお子さんと15人のお孫さんがいます。
トマルおばあちゃんが射撃を始めたのはわずか10年前。その腕はみるみる上達し、インド全国大会の優勝歴25回を誇る凄腕の射撃選手となりました。エアピストルをかまえる姿は美しく、トマルおばあちゃんはなんと裸眼で照準できます。その視力の高さにも驚かされます。「歳なんて関係ないわ、自分のできることに集中すればね」とトマルおばあちゃんは周囲に話しています。
しかし、本業は母であり祖母。練習がある日でも家事の手を抜くことはありません。忙しい中でも集中して打ち込めば必ず結果が出るということを証明してくれています。

●その4:87歳の現役体操選手!

ドイツに住む87歳のヨハンナ・クアスさんは現役のトップ・シニア体操選手です。
まるで平行棒に吸い付いているかのように平行棒を移動したかと思うとびしっと静止技をきめる。最後の着地もぶれることなくフィニッシュ。また、床の演技ではそのしなやかさに目を奪われます。
年とともに失われていく筋力や柔軟性も日々のトレーニングでここまで維持することができるのです。前屈で痛い痛いと声をあげているアラサーのみなさん、今日からお風呂上がりにストレッチを始めてみましょう。

●その5:愛人を追って時速164kmでぶっ飛ばす81歳!

時速164kmで走る車を、パトカーが4kmのカーチェイスの末に捕まえてみたら、運転手はなんと、81歳のおばあちゃん。
オーストラリアに住む81歳のおばあちゃんが爆走運転をしていた理由は「愛人を追いかけてた」というからさらに驚きです。さらに、その愛人はおばあちゃんの半分の年齢だというから驚きを通り越して笑うしかありません。
おばあちゃんの年齢を考慮した警察は免許停止の措置を検討していますが、「秘密の恋人から離れるわけにはいかないわ。運転は続ける」と抗議しているとのこと。
若い恋人、これがこのおばあちゃんの若さの秘訣であることは間違いありません。

 

おばあちゃんになっても輝こう!

 

みなさん本当にいい年の取り方をしているなと感心します。やはり年長者から学ぶことは多いですね。

高齢化社会と言われている日本。このおばあちゃんたちのようなアクティブシニアが増えているかもしれません。あなたもこれに続けっ!

◆健康は日々の食事から!
赤身の肉を食べると死亡リスク12%UP!ハーバード大学の発表

 

関連コラム

 

お酒の量とがんの因果関係とは
赤ちゃんのうつ病リスクに関わっている!胎盤のスゴい役割
オススメする変なセックスの体位3選
トマトは血中アルコール濃度を3割下げる
「パワー系朝ごはん」には欠点がある

 

おすすめ特集コラム

 

月間Bestコラム10選
「漫画」はモテ人生の教科書!漫画に学ぶ“モテモテ道”
恋愛を理屈で考えてみる!高偏差値恋愛記事5選
「いい男」かどうか見極められない女子に読んでほしい記事5選
南美希子の恋愛計算式「ワタシ+」
(参考)
その2
http://labaq.com/archives/51242808.html
http://arbroath.blogspot.jp/2009/07/former-art-teacher-sketches-her-own.html
その3
http://www.tanteifile.com/world/2012/03/23_01/
http://dailynewsagency.com/2012/03/31/the-worlds-oldest-professional-sharpshooter/
その4
http://www.100000dobu.com/movie/amazing/17057
その5
http://labaq.com/archives/51477241.html
http://arbroath.blogspot.jp/2010/07/elderly-australian-woman-chasing-secret.html

Written by 日向バンビ
Photo by paolofefe - Photography Is Color

ライフスタイル】の最新記事
  • 結婚したいなら女子会を辞めるべき!? 女子会によるまさかの弊害
  • 「アイツ生意気!」女性だらけの職場で起こるトラブルあるある
  • 自由に使えるお金はいくら? OLのリアルな金銭事情ランキング
  • どこの職場にもいる! 周囲から「迷惑がられている人たち」の特徴&対処方法
  • 女子たちの恐ろしすぎる本音…友だちの彼氏が大嫌いな理由5選
  • 無理すぎ! 男性が気づいていない「無意識セクハラ」4選
  • 人肌恋しい季節…誰かの温もりを感じたい! 不安を解消する特効薬とは?
  • 女性にはわからない男性の痛み! 急所直撃珍エピソード