インドネシアのジャカルタで5年前の6月3日に開催される予定だったレディ・ガガのコンサートが中止になったことがありました。
イスラム教系の宗教団体などから「パンツとブラしか着用しない下品な歌手。とても危険」「ガガは道徳がなくてでわいせつ。若者を堕落させる」といった、ステージ衣装の過激さについて批判が集中したためです。ガガ様、オシャレすぎがあだとなり、大変なことになっています。
そこで今回は、オシャレすぎがあだとなった女子たちのエピソードをご紹介します。

 

レディ・ガガのおしゃれが道徳を乱す?

 

インドネシアのニュースやワイドショーでは当時、連日レディ・ガガのコンサートの話題で持ちきりでした。
 
レディ・ガガのステージ衣装が過激すぎることから、イスラム系の宗教団体が公演中止を激しく求めてデモなどを起こしていたためです。「コンサートが開かれた場合には、なにが起こるか保証できない」なんて物騒な声明も出される事態に。こうした動きを受けて、警察当局も5月15日に公演許可を出さない方針を発表していました。
 
インドネシアはイスラム教徒が国民の9割を占める、世界最大のイスラム教国家でもあります。イスラム教では、女性が肌や髪の毛を露出することはタブーです。一方、ガガ様の露出具合ときたら、イスラム教徒でなくても「そりゃ出しすぎだろう!」とつっこみたくなるほど。
 
すでに5万枚のチケットが完売しており、主催者側としてはなんとか開催できるよう、開催地を変更することも検討していたようですが、あえなく中止となってしまいました。購入者には全額返金するとしていますが、その損害はかなり大きくなりそうです。
 
実はガガ様、先日韓国で行ったコンサートでも「パフォーマンスがわいせつ」として、18歳未満の入場を制限されてしまうなど、その“オシャレさ”があだとなって痛い思いをしています。
 
でも、ガガ様にとってファッションは「なによりも大切なもの」で「私のすべて」。そうやすやすと、大人しいステージ衣装など着られるわけがありません。オシャレ過ぎる女子はなにかと苦労がつきものなのですね。

 

オシャレ女子の苦労6選

 

今回は筆者の身近にいる、オシャレすぎて損してしまった女子のエピソードを紹介します。
 

●オシャレで損したエピソードその1:オシャレな男ばかり寄ってくる
 
毎月の洋服の購入代はかるく10万を超え、自他共に認めるファッションフリークのH美(33)。彼女の好きな男性のタイプは、誠実な人でした。彼氏のファッションセンスに関してはむしろ「セカンドバッグを持っているくらいがいい」のだそう。
逆にオシャレ過ぎる男子は「男のくせに服にばっかり気を遣う」と言って、軟弱男子に見えてしまうのだとか。
 
でも、オシャレなH美に声をかけてくるのは、もっぱらオシャレ男子。先日はショップの男性店員にナンパされてしまい、その後はお店に出入りしづらくなってしまったそうです。「せっかくお気に入りのショップだったのに、行けなくなっちゃったじゃん」とお怒り気味でした。
 
女性にとってオシャレは自己満足ですが、男性にはとっては価値観の指標だったりします。その辺りがうまく噛み合っていないのでしょう。オシャレでも誠実な男子と出会えるといいんですが……
 


●オシャレで損したエピソードその2:男性にも女性にも、とにかく怖がられる
 
都内の某服飾系専門学校出身のK子(30)。かなり個性的なファッションセンスです。
先日、学生時代の友人たちと歩いていると、なんだか道を譲られることが多いことに気づきました。会社でそのことを話すと「K子ちゃんて、オシャレだから最初はとっつきにくかった」と。
 
合コンでは、服やメイクに気合いを入れるほどに、男性陣は引き気味。トイレで「あの子、怖いよな」と言われているのを耳にして、大ショック。
自分のオシャレを通すか、大衆受け路線にするか、目下お悩み中です。
 
とはいえせっかくの個性ですし、ここはガガ様を見習って、我が道を貫いてもらいたいところです。ガガ様も見た目少し怖いですしね。
 

●オシャレで損したエピソードその3:旅行恐怖症になってしまった
 
マリリンモンローが大好きというM江(31)。髪型をマリリンモンロー風にクリクリカールにしたところ、女子からはカワイイと大好評。もともとオシャレが大好きなので、毎日のコーディネートにもさらに気合いが入りました。
 
ある日、仲間数人で温泉旅行に行ったとき、風呂上がりにチリチリになった髪を見た男友だちに「大仏さまかよ〜」と大爆笑されてしまったそうです。
それ以来、仲間と旅行には絶対に行かないと心に決めたそうです。
 
オシャレ維持にかかる手間を知らない男性の一言が、彼女を傷つけてしまいました。マリリンもセット前は大仏だったのでしょうか。旅行なのに洗い上がりの髪型まで気にしてられませんよね。
 

●オシャレで損したエピソードその4:貯金がないという恐怖
 
オシャレ命のN香(30)は、仕事も洋服の販売員一筋。プライドにかけて、シーズン落ちの服なんて着てられません。販売員として働き出して以降、職場割引を使っても給料のほとんどが服飾代に消えています。
 
そんななか、中学時代の友人との女子会に参加したときに、貯金の話になってびっくり。自分だけが貯金額のケタが違っていたそう。ちなみに彼女の貯金は30万円。
このままでは老後に服しか残らないかもと、恐怖にかられたそうです。
 
たしかにアラサーで30万円は心もとないですね。服は命の次に大切、なんて言っていられるのは20歳までと肝に銘じましょう。
 


●オシャレで損したエピソードその5:検問にひっかかりやすい
 
ちょっとエッジのきいたファッションが好きというB子(32)。ピアスやタトゥーも大好きです。
そのせいか警察官に呼び止められることが多いのだとか。歩いていても、運転していても、とにかくしつこく職務質問されるらしいのです。「多分、クスリとか持ってないか疑われている」とのこと。
 
露出が増える夏場はとくに目立つので、憂うつなのだそうです。
いまや市民権を得たかに見えたタトゥーも、橋下市長によってまた日陰の存在に逆戻りしてしまいましたもんね。
 

●オシャレで損したエピソードその6:体調を崩しやすい
 
オシャレはシーズン先取りで、がモットーのR美(34)。夏には秋物、冬には春物とトレンドを着ているので、夏はあせも、冬は風邪と、体調がいつも優れません。
 
さらに2年前には、高すぎるヒールが災いして転倒&捻挫したことも。今年35歳になるので、そろそろ健康優先にシフトしようかと考えているそうです。
 
アラフォーの筆者的には完全に、オシャレよりも健康、です。女性はとくに体を冷やすと大変。歳をとればとるほど、治りにくくなりますよ。

 

オシャレは覚悟と信念をもって!

 

女性たるもの、いつまでも美しくありたいですよね。オシャレすることで、心も満たされます。
でもオシャレ過ぎると、周囲から浮いてしまうことも事実。アラサーともなるとTPOを気にしなければいけない場面が多くなるので、保守的なファッションに移行する人が増えるものです。
 
それでも、自分の好みを通してオシャレするなら、ガガ様のように信念を持って挑みたいところです。ただし宗教団体からは批判されない程度にとどめましょうね。

 
Written by フランクひらがな
 
どんだけ日本好きなの? レディー・ガガ様の親日家すぎる行動5選
■性格診断|あなたの長所はどんなところ? 周囲からの印象とは
■女性のデート服何にする? 狙いすぎずに男に意識させるファッションとは
 

公開日:2013年4月18日
更新日:2018年12月6日


 

関連キーワード
ライフスタイル】の最新記事
  • 痩せてるのにメタボ判定!?栄養バランスが悪い女の怖い話
  • 女って怖い…勝手に流された「嘘のうわさ」
  • 「いい人ですね」は侮辱?男性が嬉しくない褒めことば6選
  • 企業の変革!実際にあった「ユニークで羨ましい社則」7選
  • 女性特有の病気「外陰ジストロフィー」とは?その症状と治療法
  • 生理のときの塊って何?ドロっとした経血を防ぐ方法
  • 「くびれ」という「カーブ」で男を虜にするエクササイズ
  • ダイエット成功の鍵は食欲をコントロールすることにあった!