人気のお笑い芸人「次長課長」の河本準一(37)が、猛バッシングを受けた「生活保護の不正受給」の話題が広がっています。もともと家族のプライベートな話題だったはずが、なぜこれほどに叩かれてしまったのでしょうか?
そこで、生活保護に対する、厳しい意見をまとめてみました。

 

なんでこんなに

 

河本準一の「生活保護の不正受給疑惑」の話題は、ネット、マスコミ、政界やCMスポンサーまで巻き込む大騒動となってしまいました。タレント本人ではなくその母親のプライベートな話題のはずなのに、なぜこれほどまでバッシングを受けてしまったのでしょうか?

「生活保護」は、昔からネットのホットトピック。にちゃんねるでは「生保(なまぽ)」の通称で呼ばれています。そこで、辛口なネット住民が生活保護に対してどんな意見を持っているのかまとめてみました。

●その1:「働いたら負け」という風潮

「生保貰ってるけど笑いが止まらん」
「ほんとそうだわw
何でみんな働いてるのw
仕事なんてやめちゃえばいいのに」
「働かずして12万も貰えるならそっち選ぶだろ」
「月15万とかで働いてる人は
仕事辞めて生活保護貰ったほうがよっぽど
憲法で保障された健康で文化的な生活ができるよね」
「医者も取りっぱぐれのないように生活保護にしたがるんだよ
生活保護の人の治療費は国が全額負担だからな」
(引用:「生活保護受給者「209万人」で過去最多更新。総額3兆7000億円|【2ch】ニュー速VIPブログ(`・ω・´)」より)

○あくせく働くよりも生活保護で楽して生きたい、という風潮が生まれています。不況で賃金も安くなり、その少ない給料から税金を納めなければいけません。この税金が、生活保護の不正受給者に支払われていたら文句も言いたくなりますよね。

●その2:生活保護が手厚すぎる

「最強すぎ
生活保護の特典
・住民税非課税
・介護保険(実際に介護されるようになった場合)全額無料
・医療費全額無料
・国民年金保険料免除(一般免除ではなく法的免除となる)
・NHK受信料無料
・自治体によるが、上下水道使用料減免
・自治体指定有料ゴミ袋無料配布認められているもの
・大型ハイビジョンテレビ所有
・携帯電話
・パソコン(インターネットも使用可)」
「この制度狂ってるよ
俺の知り合いで3人生活保護受けてるが、毎日パチンコ三昧。週末は競馬
金が無くなったら無意味に整骨院などハシゴしてマッサージ受けまくり
ギャンブルで結構勝ったら国内旅行
本人達は一生働く気無し
やる事やってれば一生貰えるからな。」
「生ポのケースワーカーしてたおれ参上
不思議なのが冠婚葬祭扶助ってのがあってさ。
知り合いに不幸や結婚式あると香典分とか出しちゃうんだぜ?」
(引用:「生活保護って最強すぎだろwwwwwwwwww|ぴろり速報2ちゃんねる」より)

○こういった“特典”を見て、生活保護の生活を羨ましがる人が多いのも事実です。

●その3:税金の無駄遣いが許せない

「不正受給者を厳しく取り締まらないと駄目
それと生活保護費の支給額が高すぎる
働くよりも生活保護の方が高いなんて馬鹿げてる」
(引用:「生活保護受給者「209万人」で過去最多更新。総額3兆7000億円|【2ch】ニュー速VIPブログ(`・ω・´)」より)

「何で生活保護を不純な理由で受けてるヤツ潰さないの?
そんなので増税とか言われても知るかよクソが」
「正当な理由がある人はむしろ貰うべきというか
国が助けてあげるべきだと思うよ
ただ国だって無限に金がある訳じゃないんだから
無駄な金はカットしろと言ってるだけ」
「真面目に働いて、こいつらの生活代を税金納めてると思うとバカらしくなる」
「週6で12時間働いてる正規雇用の俺よりも多く貰ってる......だと..??」
(引用:「生活保護って最強すぎだろwwwwwwwwww|ぴろり速報2ちゃんねる」より)

○こつこつとまじめに働いて払った税金が、生活保護の不正受給に使われていることに納得がいかないようです。

 

3兆円の税金が使われている!

 

厚生労働省によると、2012年2月時点で全国の生活保護受給者数は209万7401人に達したそうです。この数字は過去最多。2012年度の予算はなんと、3兆7,000億円にものぼっています。

河本準一に対する個人攻撃はやりすぎですが、そもそも「生活保護の不正受給」にバッシングが集中する最大の理由は、「税金の無駄遣いが許せない」という正当なもの。今回の場合、河本準一は稼いでいるのだから母親の生活費は税金じゃなく、息子の稼ぎでまかなうべき、として猛バッシングにあってしまったのです。

生活保護法の「生活に困窮するすべての国民に対し、その困窮の程度に応じ、必要な保護を行い、その最低限度の生活を保障するとともに、その自立を助長することを目的とする」という制度も、いい面もありますが、あらゆる問題も指摘されています。生活保護のシステムじたい改善する余地がありそうです。

この騒動をきっかけに、改善がすすむことを祈っています。

◆こちらはお手本にしたい家族!
夫を立てる良妻のお手本!みのもんたが語る愛妻との感動秘話

 

関連コラム

 

オリジナリティあふれる家庭の変な家族エピソード
涌井投手が降格!恐ろしい女の復讐エピソード
癒し系を超えた「諭し系セックス」の魅力とは?
ザッカーバーグ氏が結婚!妻になった女たち5選
彼女のすばらしい内助の功7選

 

おすすめ特集コラム

 

月間Bestコラム10選
「漫画」はモテ人生の教科書!漫画に学ぶ“モテモテ道”
「女って怖いな…」と思わずにはいられない記事5選
みんなの知らない!有名人の強烈エピソード7選
サボリ女子のホメられBodyの作り方
Written by 浅川有紀
Photo by Rocpoc

ライフスタイル】の最新記事
  • 痩せてるのにメタボ判定!?栄養バランスが悪い女の怖い話
  • 女って怖い…勝手に流された「嘘のうわさ」
  • 「いい人ですね」は侮辱?男性が嬉しくない褒めことば6選
  • 企業の変革!実際にあった「ユニークで羨ましい社則」7選
  • 女性特有の病気「外陰ジストロフィー」とは?その症状と治療法
  • 生理のときの塊って何?ドロっとした経血を防ぐ方法
  • 「くびれ」という「カーブ」で男を虜にするエクササイズ
  • ダイエット成功の鍵は食欲をコントロールすることにあった!