人を見た目で判断してしまうこと、よくありますよね。だからといって、「私って性格が悪いな……」と落ち込む必要はありません。実は、アメリカのイェール大学の研究によって、人を見た目で判断してしまうことはいたって自然であるということが証明されたのです。
 
しかも、デブは怠け者と判断される確率が11倍で、痩せ型はそうでないひとの2倍もビッチだと思われているのだとか! 気になる調査結果を紹介します。

 

見た目で人を判断してしまうのは自然

 

「ひとを見た目で判断する」ことが、ごく自然で正しいということが、アメリカの雑誌/ウェブサイト『Glamour』と、イェール大学のラッド食料政策・肥満対策センターのレベッカ・プール博士の共同調査で明らかになりました。
 
イェール大学の過去の調査で、66%のひとが「他人から体型によって人生や性格まで判断されてしまうと感じている」という傾向を発見しました。しかもそう感じる人は、年々上昇傾向にあるといいます。
 
それを確かめるため、プール博士は『Glamour』に依頼し、18歳から40歳の女性1800人に対して、体型が痩せている人、太っている人に対してどんな性格に見えるか、用意された言葉のなかから選んでもらうというアンケートを行いました。
さて、両者にはどのような言葉が浴びせられたのでしょうか。
 

関連キーワード
ライフスタイル】の最新記事
  • 社会人の飲み代は史上最低額の2,860円! OL達の外食節約術
  • あえて空気を読まないのが正解! 「Facebook疲れ」の打開策
  • 「管理職になりたい女性」わずか11%! 女上司に向く性格とは?
  • 充実した生活のために、今最も優先すべきことは?
  • ゴロゴロ寝ながら太もも引き締めエクササイズ!
  • レディ・ガガ、過激な衣装で公演中止! オシャレ女子の苦労6選
  • 知らないうちに五月病? ストレスがたまっているときに見る夢 4選
  • イェール大学の研究で正式認定!? デブは怠け者で、痩せはビッチ