5月23日は「キスの日」というのをご存じですか?
日本で初めてキスシーンが登場する映画『はたちの青春』(松竹)が公開されたのが、1946年5月23日に行われたことに由来しています。今でこそキスシーンなんて当たり前ですが、当時は衝撃的で、映画館は連日満員だったようです。キスシーンに挑んだ役者さんも、ガーゼで口を覆い、決死の覚悟で撮影に挑んだとか!?
そこで今回は、日本のキス文化について掘り下げてみたいと思います。

日本にはキスの表現がたくさんある


キスはもともと外国の文化と思うかもしれませんが、そんなことはありません。古くは平安時代の日本の文献にも、キスに相当する言葉が存在しています。そして、日本には数多くのキスの表現が存在していました。
粋な呼び方で、恥じらいを示すのもアリです!

●キスの呼び方1「口吸う」
平安時代に使われていたキスを表わす言葉です。

●キスの呼び方2「口吸い」
こちらは室町時代ですが、戦国時代、江戸時代にも使われていますので、キスを表す定番の言葉だったようです。

●キスの呼び方3「口口」「口々」
江戸時代に使われていました。2つの口がくっついている、という分かりやすい表現です。

●キスの呼び方4「口寄せ」
これも江戸時代にキスの表現として使われました。現代だと恐山のイタコといった霊能力者を意味することに使われています。

●キスの呼び方5「呂の字」
こちらも江戸時代ですが、後期に使われたようです。「呂」の字には、「口」が2つあるところから。しゃれた言い回しです。

●キスの呼び方6「口ねぶり」「舌吸う」
江戸時代後期で、字面の通り、キスの中でもディープキスを表わすときに使われたようです。

●キスの呼び方7「口中の契り」
天保元年(江戸時代後期)に発行された艶本『風俗三国志』の文中に使われています。文章から察すると、江戸を中心に使われていた言葉かもしれません。艶本は現代でいう「エロ本」のことです。

●キスの呼び方8「お刺身」
江戸時代の中後期に、花柳界で使われました。舌と舌が絡む様子がマグロのお刺身に似ているからとか。ちなみに花柳界ではキスと混同しないように本当の「お刺身」を「お造り」という言葉で呼びました。

●キスの呼び方9「くちづけ」
明治時代の詩人、上田敏氏が考案して使用したのが最初で、後に定着し、現在でも使われていますね。

キスの日にちなんで熱いくちづけを


日本でも古来よりキス、しかも舌と舌を絡ませるディープなキスまでしていたわけです。

昔の人に負けないように、キスの日には彼と、熱烈なくちづけを交わしてくださいね。

Written by Wicca
Photo by sleepyjeanie

■男性は「エロい彼女」が欲しい!思わずドキッとさせるちょいエロとは?
■カップル占い|二人が一緒にいて幸せを感じるのはどんなとき?
■他人に恋愛相談をしないほうがいい理由 4選
 

公開日:2012年5月22日
更新日:2018年12月3日

関連キーワード
ライフスタイル】の最新記事
  • 不妊原因の半数は男性! “味覚”がもたらす男性不妊の実態とは
  • 諦められない夢……今からでも実現できる?
  • 絶対なりたくない! 男も友だちも離れていく“面倒なアラサー”の特徴
  • 恥ずかしいけど思わず笑える 赤面必至の言い間違いエピソード
  • 美容室で大失敗! 男性美容師にまつわる独女の恥ずかしい体験談
  • “ぷるぷる美肌”も一緒に手に入れる『プチ断食のススメ』
  • 「男っていうのはね……」勘違い持論炸裂! 痛い独女エピソード5選
  • 仕事ナメてんの? 職場で見た「貧弱男子社員」5選