オーストリア人と日本人のハーフモデル、トリンドル玲奈が「鳥取ふるさと大使」に就任しました。彼女はソフトバンクのCMで鳥取県出身の留学生を演じ「鳥取ではまだ糸電話を使っている」という強烈なセリフで、地味な鳥取県に話題を巻き起こした功績があります。
ですが、当のトリンドル玲奈も「一度も鳥取に行ったことがない」と発言し、ふるさと大使にすら、残念な扱いを受けている鳥取県。
今回は、鳥取県が世間からいかに残念な扱いを受けているのかご紹介します。

 

鳥取県の残念だけど笑える扱い6選

 

トリンドル玲奈が「鳥取はまだ糸電話!」と言いながら、砂丘で糸電話を使用しているソフトバンクのCM。
まるでバカにされているような扱いの鳥取県ですが、CM以外にも残念な扱いを受けていました……。
どうか笑って、鳥取を応援してください!
 

鳥取の残念な扱い その1:鳥取にハワイ?

 
トリンドル玲奈はソフトバンクのCMのなかで、「ハワイから来たタダさんです」と紹介されています。そして「ハワイのどの辺?」と聞かれると、「鳥取の羽合(ハワイ)だでぇ」と答えるのがオチ。
「鳥取にはハワイがある!」という最高の持ちネタが全国に広まった鳥取県でしたが、残念ながら放送当時、すでに羽合町は合併により名前を変え、今は湯梨浜町となってしまいました。せっかく注目を浴びるチャンスだったのが、本当に残念です。
 

関連キーワード
ライフスタイル】の最新記事
  • 不妊原因の半数は男性! “味覚”がもたらす男性不妊の実態とは
  • 諦められない夢……今からでも実現できる?
  • 絶対なりたくない! 男も友だちも離れていく“面倒なアラサー”の特徴
  • 恥ずかしいけど思わず笑える 赤面必至の言い間違いエピソード
  • 美容室で大失敗! 男性美容師にまつわる独女の恥ずかしい体験談
  • “ぷるぷる美肌”も一緒に手に入れる『プチ断食のススメ』
  • 「男っていうのはね……」勘違い持論炸裂! 痛い独女エピソード5選
  • 仕事ナメてんの? 職場で見た「貧弱男子社員」5選