橋下市長の「入れ墨職員問題」。これにかぎらず、入れ墨のある人はさまざまな苦労をしてきたことでしょう。
若者がファッション感覚で入れ墨を入れることがめずらしくない昨今ですが、やはり社会から不本意な被害を受けることはよくあります。
今回は、他人からするとちょっと笑える、でも本人にとっては深刻な『入れ墨女子たちの悲惨なエピソード』をご紹介します。

 

橋下市長「大阪市は異常な組織」!?

 

大阪市が全市職員約3万3000人を対象に、入れ墨の有無をたずねる調査を行ったところ、計110人が入れ墨をしていたことが分かりました。
 
これについて橋下市長は「これほど入れ墨がある職員が多いなんて、大阪市は異常な組織。どうしても入れ墨をやりたいなら民間に行け」と憤っています。この入れ墨のある職員たちは、市民と接触がない部署へ異動させるとのこと。
 
また、橋下市長は“ファッションタトゥー”について聞かれても、「(タトゥーを彫っている)レディー・ガガさんやジョニー・デップさんが大阪市職員になるなら断る」と、一貫して入れ墨反対の意見を発表。今後、大阪市職員の採用試験では入れ墨チェックが厳しく行われるかもしれませんね。
 

入れ墨女子たちの悲惨なエピソード

 

海外セレブのタトゥーが流行っているとはいえ、やはり、まだまだ一般的な社会生活でのリスクは高いようです。筆者自身も入れ墨を彫っています。この入れ墨によって、不本意な印象をもたれたり、被害を被ってしまったりすることがよくあります。
 
そこで、入れ墨を彫っている知人たちに聞いた、入れ墨で被害を被ったエピソードをご紹介したいと思います。
 

タトゥーで思わぬ被害 その1:おかしな外国語で誤解される

 
「親日家のカナダ人の友人の話です。彼は息子が生まれたときとても嬉しくて、それを表現する入れ墨を彫ったそうです。それが、なんと日本語で『子ども大好き』。日本人に会うと変な反応をされるって悩んでました。だって、ロリコン宣言なのかなって思っちゃいますよね(笑)」
 
○おかしな外国語の入れ墨は恥ずかしいですよね。筆者も、よく『強い』という入れ墨を彫っている外人さんとすれ違います。
 

関連キーワード
ライフスタイル】の最新記事
  • 社会人の飲み代は史上最低額の2,860円! OL達の外食節約術
  • あえて空気を読まないのが正解! 「Facebook疲れ」の打開策
  • 「管理職になりたい女性」わずか11%! 女上司に向く性格とは?
  • 充実した生活のために、今最も優先すべきことは?
  • ゴロゴロ寝ながら太もも引き締めエクササイズ!
  • レディ・ガガ、過激な衣装で公演中止! オシャレ女子の苦労6選
  • 知らないうちに五月病? ストレスがたまっているときに見る夢 4選
  • イェール大学の研究で正式認定!? デブは怠け者で、痩せはビッチ