夏は薄着になったり、バカンスの予定があったりと、女子にとってはちょっとワクワクする時期。
ちょっと待って、この体で水着を着るの? ……なんて、あわてて準備しなくてすむように、常日頃からエクササイズを欠かさないことが大切です。

 

言い訳無用! 水着の季節に向けてボディメンテナンス

 

さて、最近の女子は自分大好きな子が多い! と言われていますが、それは大切なこと。
 
自分が好きじゃないと、ほめられても「ホント?」と言葉の裏を探る疑り深い、ちょっとイヤな女になりかねません。
 
とはいえ、この自分大好きの度合いが強すぎるのも困りもの。
街中で「その格好は出し過ぎじゃない?」「そんな格好しちゃうんだ」と客観性に欠ける女子も見かけます。
 
あなたの周りにもいませんか? 痩せると言い続け、指摘すると「むくみが取れなくて……」
それむくみじゃなくて、無駄肉ですから……! とツッコミを入れたくなる女子。
 
水着を一緒に買いに行ったら、一気に息を吸いこみお腹を凹まそうと……息が続きませんから。
 
最後には「男子は実のところ、ぽちゃっとしたタイプが好きなんだよね」と都合よく解釈して、一向に磨きをかける気配がない……
ズボラもいいけど、やるときはやらないと「あの子ほんと、女子力低いよね」とシャレではなくなってしまいます。
 
そういうところ、男子は本当によく見ています。
むしろ男子のほうが、気配りが出来るか? ズボラじゃないか? というアンテナは、女子以上に張りめぐらされているので、要注意です。
 

関連キーワード
ライフスタイル】の最新記事
  • 社会人の飲み代は史上最低額の2,860円! OL達の外食節約術
  • あえて空気を読まないのが正解! 「Facebook疲れ」の打開策
  • 「管理職になりたい女性」わずか11%! 女上司に向く性格とは?
  • 充実した生活のために、今最も優先すべきことは?
  • ゴロゴロ寝ながら太もも引き締めエクササイズ!
  • レディ・ガガ、過激な衣装で公演中止! オシャレ女子の苦労6選
  • 知らないうちに五月病? ストレスがたまっているときに見る夢 4選
  • イェール大学の研究で正式認定!? デブは怠け者で、痩せはビッチ