夏は薄着になったり、バカンスの予定があったりと、女子にとってはちょっとワクワクする時期。
ちょっと待って、この体で水着を着るの? ……なんて、あわてて準備しなくてすむように、常日頃からエクササイズを欠かさないことが大切です。

 

言い訳無用! 水着の季節に向けてボディメンテナンス

 

さて、最近の女子は自分大好きな子が多い! と言われていますが、それは大切なこと。
 
自分が好きじゃないと、ほめられても「ホント?」と言葉の裏を探る疑り深い、ちょっとイヤな女になりかねません。
 
とはいえ、この自分大好きの度合いが強すぎるのも困りもの。
街中で「その格好は出し過ぎじゃない?」「そんな格好しちゃうんだ」と客観性に欠ける女子も見かけます。
 
あなたの周りにもいませんか? 痩せると言い続け、指摘すると「むくみが取れなくて……」
それむくみじゃなくて、無駄肉ですから……! とツッコミを入れたくなる女子。
 
水着を一緒に買いに行ったら、一気に息を吸いこみお腹を凹まそうと……息が続きませんから。
 
最後には「男子は実のところ、ぽちゃっとしたタイプが好きなんだよね」と都合よく解釈して、一向に磨きをかける気配がない……
ズボラもいいけど、やるときはやらないと「あの子ほんと、女子力低いよね」とシャレではなくなってしまいます。
 
そういうところ、男子は本当によく見ています。
むしろ男子のほうが、気配りが出来るか? ズボラじゃないか? というアンテナは、女子以上に張りめぐらされているので、要注意です。
 

関連キーワード
ライフスタイル】の最新記事
  • 不妊原因の半数は男性! “味覚”がもたらす男性不妊の実態とは
  • 諦められない夢……今からでも実現できる?
  • 絶対なりたくない! 男も友だちも離れていく“面倒なアラサー”の特徴
  • 恥ずかしいけど思わず笑える 赤面必至の言い間違いエピソード
  • 美容室で大失敗! 男性美容師にまつわる独女の恥ずかしい体験談
  • “ぷるぷる美肌”も一緒に手に入れる『プチ断食のススメ』
  • 「男っていうのはね……」勘違い持論炸裂! 痛い独女エピソード5選
  • 仕事ナメてんの? 職場で見た「貧弱男子社員」5選