昨今の美容ブームで、ツルツル手足でアンダーヘアもばっちり処理されている女性が増えている。そんな風潮に待ったをかけるのが「剛毛女子ブーム」である。
脱毛サロンの予約をしようと思っているそこのあなた、まずはこれを読んでから考えてみても遅くはない。

 

剛毛女子ブームが来ている!?

 

美容ブームが加速する昨今、多くの女性がアンダーヘアのケアに関心を寄せている。
セクシャルヘルスケアショップ「エルシーラブコスメティック」の統計によると、実に70%以上の女性がなんらかの方法でアンダーヘアを処理しているようだ。

また、男性側の本音を聞くと「剛毛はちょっと……」という意見が大半を占めており、綺麗に整えられたアンダーヘアが主流となりつつあることが伺える。

だが、アンダーヘアを処理するのは、本当に正しい選択なのだろうか?
というのも、年間数百本ものAVを世に送り出す、知人のAVプロデューサーY氏が、こんなことを言っていたからだ。

「ここ2年くらい“剛毛”がキテますね。やっぱり今は肉食系のワイルドな女性が人気ですから、剛毛に注目が集まっているのでしょう」

実際、日本最大のAV通販サイト『DMM.R18』でも、タイトルに「剛毛」を冠した作品は増加の一途をたどっている。今年、剛毛をキーワードにしてブレイクした新人女優も少なくない。

筆者のまわりでも「剛毛好き」を公言する男性はかなり増えている印象だ。というわけで、筆者の周りの剛毛好きに「剛毛女子の魅力」を語ってもらい、その意見を分析してみた。

 

女には分からない、剛毛女子の魅力とは?

 

筆者のまわりの剛毛好き男性に、剛毛女子に対する思いをインタビュー。そこには、女性らしさを引き立たせる“モテテク”が隠されていた!

●剛毛萌えポイント1:ウブっぽさを感じる

Webエンジニアを勤めるT氏(32)は、何のケアもされていないアンダーヘアを「未開のジャングルを切り開くような新鮮さがある」と評している。

「最近、みんなアンダーヘアを整えているじゃないですか。たしかに見た目はすっきりするかもしれないけど、なんか他の男の匂いを感じてしまって、ガッカリするんですよね〜。あぁ、この子は遊んでいるのかなって。逆に剛毛の子は、これからオレが磨いてやる、って気持ちになれるんですよ」

剛毛女子には、まだ何も知らない少女の純粋さがあるようだ。

●剛毛萌えポイント2:恥じらう姿がたまらない

飲食店経営のM氏(37)は、剛毛女子の魅力は「恥じらいにある」と力説する。

「今、エステブームだので、女性たちには『剛毛は恥ずかしい』ってイメージがある。だから、剛毛女子はそれがコンプレックスになって、必要以上に脱ぐのを恥ずかしがるんだよね。でも、男からするとそこがいいんだよ! 恥じらいにムラムラきちゃうのは、男の本能だろうね」

男性の性衝動は、攻撃性と深く関わっているとされている。男性ホルモンの一種であるテストステロンが、両方の性質を促すからである。それゆえ、男性の攻撃性を高めるしぐさをすると、自然と性衝動も高まるのだ。
恥じらう女性=守りに入った女性に対し、それを打ち破ってモノにしたい、という強烈な欲求を持つのは、ごく当然のことなのである。
エステのイメージ戦略により、剛毛女子は「恥じらい」を強化されているので、男性を性的に刺激しやすいといえよう。

●剛毛萌えポイント3:俺だけが知っている秘密

ジムインストラクターのK氏(28)は、剛毛女子との交際を振り返り「秘密を独占する喜びがあった」と懐かしむ。

「私が交際していたのは、ジムの同僚だった28歳の女性。スポーツ万能なのに、なぜか水泳の資格だけは決して取ろうとしなかった。交際してわかったのですが、彼女はすごい剛毛で、それがコンプレックスで水着が怖かったみたい。とてもデリケートな悩みだけど、それを打ち解けてくれたところに愛おしさを感じました。今、考えてみると『自分だけが知っている彼女の秘密』に、独占欲を感じていたのかも」

女子にとって剛毛はなかなかひとに話せない悩み。しかし、それが男性の心を射止める場合もあるのだ。

 

アンダーヘア脱毛をしようと考えている女性たちへ

 

剛毛女子に対する男性の意見をまとめてみると、「純粋さがある」、「恥じらいがある」、「秘密めいている」という、3つの特徴が浮かび上がった。

どれも、魅力的な女性には欠かせない条件である。剛毛も、女性らしい振る舞いを忘れなければ、素晴らしい個性になりうるということだろう。

男性は本当に愛している相手なら、剛毛だって愛おしく感じるもの。
剛毛に悩んでいるあなた。脱毛するのももちろんアリだが、ありのままを愛してくれる男性を探すのも、ひとつの手と考えてみてはいかがだろうか。

◆イマドキ男子の本音を知りたい?
優しい言葉に裏あり?飲み会の話題に隠されたイマドキ男の本音
Written by マツタヒロノリ
Photo by mark sebastian

関連キーワード
ライフスタイル】の最新記事
  • 同性愛はただの“趣味”か? LGBT当事者の声
  • 自信を持てないあなたへ。自己肯定力を爆上げする方法
  • 理想は「なでしこ」現実は「干物系」!ギャップ女子の実態とは
  • 25歳からの人生、どう生きる? 限られた時間をどう使うべきなのか
  • いつも不安、空気を読みすぎる……心が疲れやすい性格チェック
  • 「脳内彼氏」だけじゃない!妄想女子たちの素晴らしい世界5選
  • 美人すぎてクビに?美人すぎて損した「災難エピソード」5選
  • 女性が「ひとりで子供を産む」ときに頼りになるものとは?