昔に比べて性別による職業選択の制限が少なくなっているとはいえ、まだまだ「女性だらけの職場」は存在しますよね。
 
女性だらけの職場といえば、ドロドロした女同士の戦いとか、陰湿ないじめとか、そんなイメージがあるんですが……。
実際はどうなのか、女性だらけの職場で働いている方々に、女同士ならではのトラブルを聞いてみました。女性だらけの職場で起こった恐ろしい「女同士の戦い」をご紹介します。
 

その1:身に覚えのない噂

 

「家族のこととか、彼氏のこととか、なんでも根掘り葉掘り聞いてくる先輩。ウザかったので適当に答えていたら、次の日には身に覚えのない噂が広まっており、勝手にバツイチ子持ちという設定になっていました」(33歳/化粧品販売)
 
○噂好きの女にターゲットにされると悲惨です。しかも、こういうヤツは、ウソも上手いんですよね……。

その2:ひとりランチが目立つ

 

「最近転職したのですが、新しい職場にはすでに仲良しグループが出来上がっていて、まったくなじめません。ひとりでご飯を食べていると、『ひとりなの? ププッ』という目で見られるのがつらいです。今までの男女いた職場では、ひとりランチも目立たなかったのに……」(29歳/派遣社員)
 
○女ってやたらグループを組みたがりますよね。人数が多いほうが偉い、みたいな。ギャングかよ!
 

その3:お局チェック

 

「お局様一派は、更衣室でだれがどんなブラを付けているかチェックしています。この前、彼女らにイビられてる女の子がちょっと派手な下着を着けていたら、本人に聞こえるように『××さん、貧乳なのに頑張って着飾ってるよ』『貧乳のくせに生意気よね〜』『今夜デートだからって、浮かれてミス連発なんてやめてよね〜』って笑いながら言っててこわかった」(28歳/医療)
 
○でました、お局チェック! まさか下着にまで文句を言ってくるとは恐ろしい……。
 

その4:ヒステリー

 

「上司はだれかがミスすると、営業中でも『みんなのために早く辞めてよ』『使えなさすぎ』などと、かなりひどい悪口を言ったり、不機嫌になってみんなに当たるので超迷惑です。お前が辞めろ!」(31歳/アパレル)
 
○イライラしたオバサンほど怖いものはありませんよね。その上司、更年期障害なんでは?

その5:発言が下品

 

「明るくていい子なんだけど、ずっと女子高で育ってきたらしくて、『でっかいレバーが出た(生理中)』とか、発言がえげつない……」(27歳/サービス業)
 
○女同士に慣れすぎると、恥じらいがなくなってくるので危険です。
 

その6:表と裏の顔

 

「仕事でペアを組んでいる女性が本当にムカつきます。男性クライアントの前ではぶりっこキャラで、調子のいいことばかり言ってなんでも安請け合い。実際に作業するのは私の担当。しかも社内では態度が180度違って『コレつまんないからやり直してよ。私の顔が立たないでしょ』だって」(30歳/デザイナー)
 
○女って、外面を使い分けるのが上手ですよね。その男性クライアントは想像もつかないんだろうけど……。
 

その7:既婚・独身で判断

 

「同僚同士で仕事のできる・できないの話をしてても、『あのひと独身だからさ』で納得しちゃってる自分がヤバイ」(29歳/アパレル)
 
○妙齢の女同士は、既婚・独身で勝ち負けを判断してしまいがち……気をつけたいですね。
 

その8:重すぎる友情

 

「同期の女の子と仲良くなれたのはいいけど、だんだん重くなってきた。すぐ『私って先輩に嫌われてるのかも』ってネガティブな相談してきたり、ランチは絶対一緒に行かなきゃあとで泣かれる。仕事終わったあとも、『一緒に帰ろ』って……もう勘弁して!」(25歳/派遣)
 
○依存型の女の子は、一度親しくなるとやっかいですよね。その子に早く彼氏でもできればいいんですが。
 

女だけが集まるとおそろしい

 

女性だけの職場はトラブルも多く、男性は職場内の潤滑油になっているのかもしれません。
全員がそうというわけではありませんが、男性の目があることで嫌な一面を抑えられるという人もいますので、職場に男性がいるということは、人間関係を円満にするために大切なのかもしれませんね。
 
(yummy!編集部)
 
■女の園は超怖い!女性が多い職場でのトラブル・対処法
■こんな職場は最悪!本当にあった職場の「鬼おつぼね」エピソード
■もう悩まない! 職場で女性同士の関係をうまくこなすコツ
 

ライフスタイル】の最新記事
  • 「自分のことが好きになれない」は損。自分を好きになる3つの方法
  • 趣味があるのは良いけれど…NGのめり込みボーダーラインって?
  • 春だから「小春日和ですね」は間違い!? うっかり使うと恥ずかしい「言葉の誤用」8選
  • 子育てあるある。切なすぎるお母さんたちの願望6選
  • 六星占術「大殺界」には何が起こるのか? 本当にあった恐ろしいエピソードをご紹介
  • アベック、めんご……ちょっとおばさんっぽい? 気を付けたい死語録集
  • インスピレーションに従って生きているアラサー女子たち5選
  • O型が血液型占いで妙に“優遇”される謎! 血液型のルーツで判明