雑誌やテレビでモデルさんや女優さんを見て、自分も同じ服を着たい!と思ったものの、なんか違う……という経験、ありませんか?
顔が違うから無理か……と諦めている方もいるかもしれませんが、小顔になるだけで雰囲気を変えることはできます!
ステイホーム中に家でできる「小顔テク」で少しでもモデル顔に近づいてみましょう!
 

1:十分な睡眠

 

寝不足になると、肌細胞のなかに疲労物質が蓄積されます。すると細胞に酸素を供給するため、たくさんの血液が流れてきます。これがむくみの原因です。
 

2:塩分を避ける

 

体内の水分量が増えるとその分むくみます。水分を取りすぎてしまう塩分は避けましょう。

3:目、口の周囲のツボを押す

 

目や口の周囲は顔の中で最もツボが多いところです。ツボを押してリンパの流れを促せば、むくみの原因である余分な水分や老廃物もすっきり流れてくれるでしょう。
 

4:正しい姿勢を心がける

 

頭蓋骨がゆがむと、首やあごの筋肉が緊張し、顔全体の筋肉も固くなります。すると、顔がむくんだりエラが出っ張って見えてしまう。骨格のゆがみは小顔には大敵なのです!
 

5:首がまっすぐになる高さの枕を使う

 

低い枕は、顔に血流がたまって、翌朝むくみやすくなります。高い枕は首や肩に負担がかかり、筋肉が固くなり、顔のリンパが流れにくくなるからです。
 

6:たくさん笑って顔を動かす

 

表情筋肉を鍛えると、リンパが流れやすくなりむくみも取れます。日頃から友人などに会ってたくさん笑いましょう。
 

7:左右両方の歯を使って噛む

 

むこれはくみの大敵である骨格のゆがみを防止する効果があります。また、顔の筋肉のバランスを整えると、小顔に見えてきます。
 
「なんだそんなこと!?」と思ったそこのあなた。生活習慣の改善は地味に思えますが、それこそが何よりも大切なことなのです。颯爽とランウェイを歩いているモデルさんたちは、あの一瞬のために常日頃、地道な努力を重ねているのです!

8:顔が一回り小さく!?家でもできる“小顔カイロ”

 

多くの人気モデルもやっているらしいこの「小顔カイロ」は、度々マスコミでも取り上げられてきました。開いている頭蓋骨の継ぎ目をキュッとしめる施術をすると、骨格のズレが矯正され、顔が一回り小さくなるらしいです。
 
芸能人御用達のゴトウカイロプラクティックの院長JINKAこと、Dr.後藤仁嘉による、「家でも簡単にできる小顔カイロ」を紹介しましょう。
 
Dr.後藤は、「もともと人間の手のひらには微弱電流が流れているため、これを利用して顔の細胞を活性化させよう!」と、提唱しています。細胞が活性化すれば肌の若返りが期待でき、小顔につながるのだそうです。その方法は至ってシンプルで、「手のひらで顔を包み込むようにすれば、片方の手からもう片方へと微弱電流が流れる」らしいです。
 
なんと、今この瞬間にもできるでことですよね! ハードルの低さに感動を覚えつつ……今日から暇さえあれば両手で顔を覆ってみましょう。
 

9:アゴ先が長いほど小顔に見える「ウルトラマン現象」

 

小顔である象徴として「八頭身」という言葉がありますが、もちろん生まれ持った顔の小ささとスタイルがあればこそです。八頭身を目指して顔の長さを削る、というのは現実的ではないですよね……。
 
そう思っていたところ「むしろアゴ先があったほうが小顔に見える」という『ウルトラマン現象』という理論があるサイトで紹介されていました。
ウルトラマンの顔は、縦に中心線が入っているため、中心に寄って顔が小さく見える。その現象にならうと、アゴ先が出ている(いわゆるしゃくれ)のほうが、縦の線が浮かび上がり、小顔に見えるらしいです。
 
写真のなかだけでも小顔に見えるよう、写真を撮られる際は、アゴ先を伸ばすように意識した笑顔を作ってみてはいかがかでしょうか? ただし、やりすぎはアントニオ猪木になってしまうので要注意です。
 

おわりに

 

いかがでしたか?
顔周りがスッキリすることで、印象が変わります。あか抜けた雰囲気に見えるかも!
ぜひ、ステイホーム中に試してみてくださいね!
 
(yummy!編集部)
 
■そのやり方、間違ってるかも!小顔に本当に効果的なのはコレ!
■どこから見てもOK!正面、横顔をシャープな小顔にする裏ワザ
■たった3分でみるみる小顔に!ヘッドマッサージでリフトアップ
 

pickup!
ライフスタイル】の最新記事
  • 7月5日は「ビキニの日」!男性が大好きなビキニの歴史とは?
  • 20代後半に訪れる人生の迷走期!「クオーターライフ・クライシス」とは?
  • 「実はゲイなんだ」友達からカミングアウトされたらどうする?
  • 部屋が汚と不運になる?部屋を掃除して幸せになろう!
  • パパ活女子の年齢層は? パパに好まれる女性の特徴とは?
  • 生理の量が少ない……これって危険?
  • 間違えると大惨事! 「プチ整形」で感じた恐怖と賢い付き合い方
  • 「本当にこのままでいいのかな?」仕事と結婚に悩むアラサー女性へ