春の暖かい日に、つい「今日は小春日和だな〜」なんて口走った経験はありませんか? これは間違いです。
このように、間違った意味で使ってしまっている言葉が、意外とあるかもしれません。恥ずかしい思いをする前に、チェックしてみましょう。

 

恥ずかしい言葉の誤用8選

 

意味を分かっているつもりでも、実はまったく違う意味の言葉だった、なんて経験ありませんか? 今のうちにチェックして、正しく使えるようにしましょう。
 

●その1:小春日和(こはるびより)

「春の陽気な気候」は誤用。「初冬のころの、春のように穏やかな気候」を指します。「小春」とは陰暦10月の異名。秋から冬に移る暖かい日に用いる言葉。
 
○冬から春、暖かくなってきて、うっかり「今日は小春日和ですね」と使ってしまいそう。
 

●その2:時節柄(じせつがら)

「季節柄」は誤り。その時節にふさわしいこと。
 
○「季節柄、ご自愛くださいね」なんてすました顔で言っている人、いませんか?
 

●その3:確信犯(かくしんはん)

「罪と知りながら行われる犯罪」は誤用。「自らの行為を正しいと信じて行われる犯罪」。もともとの意味は、政治的、思想的、宗教的な確信に基づいた義務感や使命感によってなされる犯行のことだった。
 
○「あの子のたかりは確信犯だよ!」って感じでよく聞きます。言いたかったことと、本来の意味とがまったく違っていますね……。
 

ライフスタイル】の最新記事
  • 不妊原因の半数は男性! “味覚”がもたらす男性不妊の実態とは
  • 諦められない夢……今からでも実現できる?
  • 絶対なりたくない! 男も友だちも離れていく“面倒なアラサー”の特徴
  • 恥ずかしいけど思わず笑える 赤面必至の言い間違いエピソード
  • 美容室で大失敗! 男性美容師にまつわる独女の恥ずかしい体験談
  • “ぷるぷる美肌”も一緒に手に入れる『プチ断食のススメ』
  • 「男っていうのはね……」勘違い持論炸裂! 痛い独女エピソード5選
  • 仕事ナメてんの? 職場で見た「貧弱男子社員」5選