春の暖かい日に、つい「今日は小春日和だな〜」なんて口走った経験はありませんか? これは間違いです。
このように、間違った意味で使ってしまっている言葉が、意外とあるかもしれません。恥ずかしい思いをする前に、チェックしてみましょう。

 

恥ずかしい言葉の誤用8選

 

意味を分かっているつもりでも、実はまったく違う意味の言葉だった、なんて経験ありませんか? 今のうちにチェックして、正しく使えるようにしましょう。
 

●その1:小春日和(こはるびより)

「春の陽気な気候」は誤用。「初冬のころの、春のように穏やかな気候」を指します。「小春」とは陰暦10月の異名。秋から冬に移る暖かい日に用いる言葉。
 
○冬から春、暖かくなってきて、うっかり「今日は小春日和ですね」と使ってしまいそう。
 

●その2:時節柄(じせつがら)

「季節柄」は誤り。その時節にふさわしいこと。
 
○「季節柄、ご自愛くださいね」なんてすました顔で言っている人、いませんか?
 

●その3:確信犯(かくしんはん)

「罪と知りながら行われる犯罪」は誤用。「自らの行為を正しいと信じて行われる犯罪」。もともとの意味は、政治的、思想的、宗教的な確信に基づいた義務感や使命感によってなされる犯行のことだった。
 
○「あの子のたかりは確信犯だよ!」って感じでよく聞きます。言いたかったことと、本来の意味とがまったく違っていますね……。
 

ライフスタイル】の最新記事
  • 社会人の飲み代は史上最低額の2,860円! OL達の外食節約術
  • あえて空気を読まないのが正解! 「Facebook疲れ」の打開策
  • 「管理職になりたい女性」わずか11%! 女上司に向く性格とは?
  • 充実した生活のために、今最も優先すべきことは?
  • ゴロゴロ寝ながら太もも引き締めエクササイズ!
  • レディ・ガガ、過激な衣装で公演中止! オシャレ女子の苦労6選
  • 知らないうちに五月病? ストレスがたまっているときに見る夢 4選
  • イェール大学の研究で正式認定!? デブは怠け者で、痩せはビッチ