将来的に子どもを産みたいと思っているアラサー女性のみなさん、具体的に何歳で産もうと考えていますか?
女性は年齢があがるとともに不妊症のリスクが高まります。
この「不妊治療」にどれほどのリスクがともなうかあなたはご存じですか?
「知らなかった」ではすまされない、「不妊治療」の真実をご紹介します。

 

芸能人の高齢出産ブームの影で……

 

40歳で出産したオセロの松島尚美。
2度の流産を経験しながらも、38歳で第1子を出産した梨花。
38歳で出産し、家庭と芸能活動を両立させている江角マキコ。
45歳で出産した元女子プロレスラー・ジャガー横田。
 
芸能人たちの出産の高齢化が進んで、30代、40代でも子どもを産めるという風潮が未婚女性たちを安心させているようです。
ですが、現状は自然妊娠だけではなかなか難しく、厚生労働科学特別研究「生殖補助医療技術に対する国民の意識に関する研究」(2002年)によると、不妊治療中のカップルは全国で約43万人もいます。不妊に悩みつつも治療をしていないカップルを含めると、その3倍にも及ぶと推測されています。国から正式に公開された情報は2002年以降ほとんどありませんが、現在も数は伸び続けているとされています。
 
最近でいうと、36歳の東尾理子も、不妊治療の末、赤ちゃんを授かったというニュースが話題になりました。
 
「芸能人もアラサー・アラフォーで出産しているし、いざとなれば不妊治療をすれば、きっと妊娠できる」……そう思って安心していませんか?
 

関連キーワード
ライフスタイル】の最新記事
  • 社会人の飲み代は史上最低額の2,860円! OL達の外食節約術
  • あえて空気を読まないのが正解! 「Facebook疲れ」の打開策
  • 「管理職になりたい女性」わずか11%! 女上司に向く性格とは?
  • 充実した生活のために、今最も優先すべきことは?
  • ゴロゴロ寝ながら太もも引き締めエクササイズ!
  • レディ・ガガ、過激な衣装で公演中止! オシャレ女子の苦労6選
  • 知らないうちに五月病? ストレスがたまっているときに見る夢 4選
  • イェール大学の研究で正式認定!? デブは怠け者で、痩せはビッチ