こんにちは、歌人の鈴掛真です。5・7・5・7・7の短歌の作家です。

『もしも生まれ変わっても、もう一度自分になりたいか』
みなさんはそんなふうに考えたことはありませんか?
もっとキレイになりたい、もっとお金持ちになりたい……考え始めたらきりがありませんが、今回はこのテーマについて、同性愛者の立場から考えてみたいと思います。

詳しく知りたいけど、なかなか知る機会のない“同性愛”の話題。
【ゲイだけど質問ある?】では、オープンリー・ゲイの鈴掛真が、みなさんの気になる疑問・質問にお答えしていきます!

 

質問 【生まれ変わってもゲイになりたい?】

 

う〜ん……とっても難しい質問ですね……。
オープンリー・ゲイとして家族や友人に理解を得られて、とっても幸せな毎日をおくっていますが、「ゲイじゃない人生も体験してみたい」というのが正直なところです。

それは「ゲイになんて生まれなければよかった!」と悩んだ少年時代が、確かにあったからです。
いつ周りにバレるんじゃないかという恐怖……。
好きな同級生に気持ちを伝えることすらできない苦痛……。
異性愛者だったなら抱える必要のなかったいくつもの悩みがありました。それに費やしていた時間と労力を、もっと別のベクトルの何かに向けられていたらよかったのにな、と。

ここまで読んで頂いただけでは「そんなネガティブになんなくたって……」と、みなさんをドン引きさせてしまったかもしれませんね。
でも、このネガティブが、実は大切なこともあるんです!

 

「今のままで充分幸せ!」それ、ほんと?

 

もちろん、ゲイの人生を謳歌している人もいます。
「べつに社会から外れてたっていいじゃん!」
「人生楽しんでナンボ!」
「マイノリティ万歳!」
明るい性格、派手なファッション、週末は新宿2丁目で朝までパーティー……みなさんがイメージするファンキーなゲイは、事実たくさん存在します。
そんな彼らから、こうして同性愛への理解を得ようと記事を書いている僕は、とても冷ややかに見られることがあります。
「なんで理解される必要があるの?」
「理解されなくたって自分さえ良ければそれでいいじゃん!」
「今のままで充分幸せだし!」
みなさんの中にも「鈴掛はなんのためにこんな記事を書いてるんだろう?」と疑問に思っている人がいるかもしれませんね。

その答えは、ただひとつ。
僕がこうしてゲイをカミング・アウトして記事を書けること自体が、同性愛への理解を得ようとがんばってくれた先人たちのおかげだからです。

世界ではいまだに、同性愛者というだけで犯罪者になる国があります。
けれど週末に新宿2丁目で朝までパーティーできるのは、日本での同性愛者の権利を守り、2丁目のような街をつくろうとがんばってくれた先人たちのおかげ。
ゲイに限ったことではありません。女性のみなさんが社会に出て男性といっしょに働けていることだって、その権利を求めてがんばってくれた先人たちのおかげなんです。

「人生楽しんでナンボ!」
「今のままで充分幸せだし!」
そうしてポジティブに考えるのも素敵なことですが、その幸せは、先人たちが発言し行動してくれた賜物だということを忘れてはいけないと思うんです。それに、今の社会に満足してしまっては「あっそう。じゃあ今のままにしとくね」と、社会がこれ以上良くなることはないわけです。

同性婚について書いた記事でも触れましたが、同性カップルが親族になる方法として、養子縁組があります。
「養子縁組があるからいいや」と考えれば、それまで。それ以上の制度を求めて運動を起こしてくれた人たちのおかげで、同性パートナーシップ条例が生まれました。そして、今後もし日本で同性婚ができるようになれば、養子縁組よりもっと幸せな生活が待っているかもしれないんです。

もちろん、誰もが政治家や活動家になる必要はありません。
「私たちはまだまだ今の状況に満足してませんよ〜!!」と、一人ひとりが少しずつ発言していけば、必ず社会は今よりもっと良くなるはずなんです。

「生まれ変わってもゲイになりたいか」
僕がまだその質問にイエスと言えないのは、日本の同性愛者に対する制度の充実にまだまだ満足していないから。そして、こうして発言していくことが、ささやかでも、いつの日か社会を変えるための力になれると信じているからなんです。
いつか本心で「今、幸せです!」「生まれ変わってもゲイになりたい!」と言える日が来るように、これからも取り組んでいけたらと思っています。

 

質問、お待ちしています!

 

鈴掛真の【ゲイだけど質問ある?】第21回、いかがでしたか?
次回は、【生まれ変わってもゲイになりたい?】という疑問にお答えしたいと思います。

みなさんからの質問も募集しています。
疑問やお悩みなど、気になるお話をお寄せください。
メッセージお待ちしています!

【今週の短歌】
守られる
ことのなかった
約束を
嘘だと呼んで
みたかっただけ

 

前回の連載記事を読む

連載を最初から読む
 

 

【ゲイだけど質問ある?】 バックナンバー

 

●vol.20 【ノンケと付き合ったことある?】
●vol.19 【同性婚って意味あるの?】
●vol.18 【職場のゲイとどう接すればいいの?】
●vol.17 【ゲイの友情と恋愛の境目はどこ?】
●vol.16 【やっぱりゲイバーに行くの?】

 

鈴掛真プロフィール

 

鈴掛 真(すずかけ しん)歌人
愛知県春日井市出身。東京都在住。
著書に『好きと言えたらよかったのに。』(大和出版刊)がある。
雑誌『東京グラフィティ』で連載中。
Twitter・ブログでも短歌を随時発表中。

●Twitter http://twitter.com/suzukakeshin
●ブログ さえずり短歌
●オフィシャルWEBサイト http://suzukakeshin.com
Written by 鈴掛 真

ライフスタイル】の最新記事
  • 自然とお金が集まる!金運がアップする生活習慣とは?
  • 家に帰ってもペルソナをはがせなかった私が見つけた「自分に戻れる瞬間」とは?
  • 20代、30代女性の「いま想像できる私たちの老後」についての本音
  • 「女、やめたい……」と思ったらやるべきこと
  • コタツ女子――いま必要なのは、彼の包容力よりコタツの温もり
  • カンタンお手軽な誕生日占い|誕生数別「ぐうたらしてしまう人」ランキング!
  • 女性にも知らない人がいる? 人それぞれある「生理の症状」の違い
  • カンタンお手軽な誕生日占い【運命数別】ストレス解消法とは?