こんにちは、歌人の鈴掛真です。5・7・5・7・7の短歌の作家です。
 
みなさんはHIV・エイズについてどれだけ意識を持っていますか?
もしかしたら「同性愛者の病気」と考えている人もいるかもしれませんね。
けれど、決してゲイやレズビアンだけの問題ではないんです。
今回は、普段なかなか話題にしづらいHIV・エイズ問題に切り込みます!
 
詳しく知りたいけど、なかなか知る機会のない“同性愛”の話題。
【ゲイだけど質問ある?】では、オープンリー・ゲイの鈴掛真が、みなさんの気になる疑問・質問にお答えしていきます!

 

質問 【ゲイのHIV事情ってどうなの?】

 

ゲイの一人として受け入れ難い事実ではありますが……実際、HIV感染者の多くがゲイであることは統計に現れています。
 
厚生労働省エイズ動向委員会のデータによると、1985年から2015年までの30年間で、日本国内のHIV感染者は累計17,909 件。このうち、78.4%が日本国籍男性、58.0%が同性間のセックスによるものとされています。つまり、これまでの国内HIV感染者の半数がゲイということになります。これは大変だ……!!
参考:平成27(2015)年エイズ発生動向年報
 
でも、だからってゲイ全員をHIVやエイズと結びつけて考えないでくださいね!!
 
LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスセクシャル)は人口の7.6%、13人に1人といわれています。日本国内の人口1億2千万のうち、912万人がLGBTであると概算できます。
同性間のセックスによるHIV感染者の累計は10,379件です。これを、912万人のLGBTに換算すると、HIV感染者はたったの0.11%。
LGBTだけを集めたとしても878人に1人しかHIV感染者はいないんです。
みなさんが一生に出会うLGBTの数で考えれば、HIVに感染しているLGBTに出会う確率は限りなくゼロに近いでしょう。

 

ライフスタイル】の最新記事
  • アラサーなら絶対必須!プラス1で超好感度アップの流儀3選
  • 幸福を遠ざける3つのNGワードはコレ
  • あなたがあなたらしく生きて幸せをつかむために
  • あなたは今、人生の中で「どういう時期」を迎えている?
  • あなたの「絶対的な強み」は何?
  • あなたが楽しく生きていくために必要なもの
  • あなたが陥りやすいピンチと、上手なすり抜け方
  • 鍋奉行が性格豹変?本当にあった壮絶な鍋パーティー7選
あなたへのおすすめ