お肌のケアについて、情報があふれ、アイテムもさまざまなものが出ています。友だちや会社の同僚とも情報交換はできますが、デリケートゾーンや乳首の黒ずみについては、なかなかほかの人に相談できないもの。
でも、デリケートゾーンと乳首の黒ずみとその対処法に悩んでいる女性は、結構多いのです。
 
「彼氏はどう思っているのかな」
「口には出さないけど、よく思っていないのでは?」と気にしている人もいるのではないでしょうか。
また、いざというときに黒ずみが気になって積極的になれないと感じている人もいるかもしれません。
 
普段は服と下着に隠れて、人の目につくことはないものの、見られることもあるわけだし……と、なんだかモヤモヤした気持ちになってしまいますよね。
やっぱり、デリケートゾーンや乳首も顔や手足と同じようにキレイでいたいし、キレイでいるに越したことはありません。
今回は、なかなか人に言えないモヤモヤを解消すべく、デリケートゾーンと乳首の黒ずみの原因と対策を見ていきたいと思います。

 

デリケートゾーンの黒ずみの原因は?

 

知らないうちにデリケートゾーンが黒ずんでいたという人も多いのではないでしょうか。
デリケートゾーンはほかの箇所より黒ずみやすいです。
 
原因は、お肌の角質層に関係しています。
お肌を外部の刺激から守り、水分を保つ役割をしている角質層。
カラダの中でその角質層が非常に薄いとされているのが目元なのですが、デリケートゾーンは、目元よりもさらに薄いといわれています。
そのため、下着があたって起こる摩擦だけでも、黒ずみが進行してしまうのです。
さらに、ムダ毛の自己処理や紫外線に当たることも、黒ずみを加速させてしまいます。
 
一方、乳首の黒ずみは、メラニン色素の生成が原因。
バストって、つねに下着と服で隠されているし、水着になったときでも直接紫外線に当たることはないのに、なぜ? と思う方もいらっしゃるかもしれません。
実は、ブラジャーとの摩擦やムダ毛の処理による刺激で、メラニン色素をつくるメラノサイトとよばれる細胞が活性化されてしまうのです。
生成されたメラニンがお肌に付着したままになり、乳首の黒ずみがどんどん進行してしまうというわけです。
 
そのほか、加齢による代謝の衰えによっても、デリケートゾーンや乳首は黒ずみます。
30代から始まる代謝の衰えは、尾肌のターンオーバーを遅らせるためです。
 
「摩擦」「メラニン色素」「代謝の衰え」これら3つの原因を踏まえ、デリケートゾーンと乳首の黒ずみに対するケア方法を紹介します。
 

関連キーワード
ライフスタイル】の最新記事
  • 不妊原因の半数は男性! “味覚”がもたらす男性不妊の実態とは
  • 諦められない夢……今からでも実現できる?
  • 絶対なりたくない! 男も友だちも離れていく“面倒なアラサー”の特徴
  • 恥ずかしいけど思わず笑える 赤面必至の言い間違いエピソード
  • 美容室で大失敗! 男性美容師にまつわる独女の恥ずかしい体験談
  • “ぷるぷる美肌”も一緒に手に入れる『プチ断食のススメ』
  • 「男っていうのはね……」勘違い持論炸裂! 痛い独女エピソード5選
  • 仕事ナメてんの? 職場で見た「貧弱男子社員」5選