東日本大震災からもうすぐ1年。
先日、仙台出身のお笑いコンビ、サンドウィッチマンのふたりが、岩手・宮城・福島の3県をおとずれ、チャリティーライブなどで集めた義援金各1700万円を贈ったそうです。ふたりは「震災は終わっていないということを伝えていきたい」と話しました。

1年前、芸能界でもたくさんの方々が高額の義援金を被災地へ贈りました。
震災も、義援金への感謝も忘れないように、ということで『高額寄付芸能人リスト』を公開します。

 

1000万超えの高額寄付芸能人リスト

 

被災地の方々にとっては、1年たってもまだまだ復興の最中です。
今一度、著名人たちの高額寄付を思い出し、私たちも寄付や支援の熱をふたたび燃え上がらせようではありませんか!
1000万円以上を個人で寄付した、ご立派な芸能人リストを作ってみました。

●石川遼(20歳/プロゴルファー)
2011年4月に「メジャー4大会と国内ツアーで獲得した賞金全額と、バーディーなどひとつにつき10万円を寄付する」と発表。
その後、賞金9828万円あまりと352のバーディー、イーグルをとり、総額1億3348万円が寄付金となる。

●SMAP(アイドルグループ)
メンバー5人が日本赤十字社を通じて総額4億円以上を寄付。
SMAPとして寄付したものではなく、5人がプライベートで別々に寄付したもの。

●久米宏(67歳/フリーアナウンサー)
東日本大震災救援募金に2億円を寄付。寄付についてのコメントは控えている。

●イチロー(38歳/メジャーリーガー)
日本赤十字社を通じて1億円を寄付。所属するマネジメント会社から発表。本人はコメントを控えている。

●宇多田ヒカル(29歳/歌手)
日本赤十字社を通じて8000万円を寄付。公式ブログで発表。人生初の献血を行ったことも明かした。

●藤原紀香(41歳/女優)
日本赤十字社を通じて6300万円を寄付。自身も赤十字広報特使を務めている。主演ミュージカル『マルグリット』の公演会場で行った募金と『Smile Please藤原紀香世界こども基金』に集まった募金に、自らの募金を合わせたもの。

●安室奈美恵(35歳/歌手)
日本赤十字社を通じて5000万円を寄付。2001年のアメリカ同時多発テロで1200万円、2005年のスマトラ沖地震で1000万円、1995年の阪神・淡路大震災でも多額の寄付を行っている。いずれも公表を控えている。

●浜崎あゆみ(34歳/歌手)
総額3500万円を寄付。2011年3月の12日と13日に100万、14日に300万を公益社団法人を通じて寄付。18日に日本赤十字社に3000万円を振り込んだことが伝えられている。さらに、チャリティーTシャツの収益も義援金になるとのこと。

●GLAY(アーティスト)
東日本大震災救援募金に2000万円を寄付。「今後も様々な形で一緒にこの未曽有の災害を乗り越えたいと思います」というコメントとともに報道された。

●熊川哲也(40歳/バレエダンサー)
日本赤十字社を通じて1000万円を寄付。自身が主宰するKバレエカンパニー公式サイトで発表。

●DREAMS COME TRUE(アーティスト)
総額1000万円を寄付。緊急支援NGO 2団体へ500万円ずつ贈った。

●神田うの(37歳/タレント・デザイナー)
日本赤十字社を通じて1000万円を寄付。自身のブログで発表した。

●サンドウィッチマン(お笑い芸人)
自身で立ち上げた義援金口座に1000万円を寄付。この口座には座右の銘である「東北魂」を冠した。

●アグネス・チャン(57歳/歌手・タレント)
日本ユニセフ協会を通じて1000万円を寄付。自身も日本ユニセフ協会大使を務めている。

●八代亜紀(60歳/歌手)
NHK厚生文化事業団を通じて1000万円を寄付。所属事務所が明かしたが、本人は「個人の気持ちからしたことでそっとしておいて」と説明している。

●梨花(39歳/モデル・タレント)
日本赤十字社を通じて1000万円を寄付。自身のブログで発表した。

●ビートたけし(65歳/タレント)と所ジョージ(57歳/タレント)
被災者の支援団体に共同で1000万円を寄付。
ビートたけしは「こういう時にさ『芸人は被災地に笑いを届けることしかできない』なんて意見もあるけどさ、そういうのは戯言でしかないんだよね。メシがちゃんと食えてさ、ゆっくり眠れる場所があって、初めて人間は心から笑えるんじゃないかな」(引用:東京スポーツ|2011年3月19日発売号)とコメントしている。

●松山千春(57歳/歌手)
日本赤十字社を通じて1000万円を寄付。精力的にチャリティーコンサートも行った。

●UVERworldのボーカル・TAKUYA∞(33歳/歌手)
日本赤十字社を通じて1000万円を寄付。
「UVERworld一同 出来る限りの事を全力でやっていきます」というコメントとともに報道された。

 

芸能人の義援金を改めて感謝しよう

 

まだまだ個人的な寄付を行った芸能人は数多くいますが、1000万円で区切ってみました。
こうやってリストにしてみると麻痺してしまいますが、個人が出す金額としてはかなりの高額。彼らに感謝をしつつ、わたしたちも復興支援を続けていきたいと思います。

改めて、被災地の1日でも早い復興をお祈りいたします。

◆震災から1年…まだまだ続く復興支援
ロート製薬の復興支援計画が本気すぎてスゴい!!Written by 浅川有紀
Photo by aussiegall

ライフスタイル】の最新記事
  • アラサーなら絶対必須!プラス1で超好感度アップの流儀3選
  • 幸福を遠ざける3つのNGワードはコレ
  • あなたがあなたらしく生きて幸せをつかむために
  • あなたは今、人生の中で「どういう時期」を迎えている?
  • あなたの「絶対的な強み」は何?
  • あなたが楽しく生きていくために必要なもの
  • あなたが陥りやすいピンチと、上手なすり抜け方
  • 鍋奉行が性格豹変?本当にあった壮絶な鍋パーティー7選
あなたへのおすすめ