その昔、日本には現代社会では考えられないようなおそろしい風習がありました。
なんと、男性が自分の子どもを身ごもった本妻以外の女性を、お腹の子ごと部下に押しつける、というものです。
 
現代では考えられないこの風習。いったい、どんなものだったのでしょうか。

 

本当は誰の子? 下げ渡しプレゼントをもらった武将たち

 

「下げ渡し」と呼ばれるこの風習は、1000年以上昔、飛鳥時代から江戸時代までの長きにわたって続いていたと言われています。
“下げ渡す”のは、信頼している大切な部下である、という証明になったらしく、最高級のプレゼントと考えられていたそうです。
 
しかし、現代の世の中で考えると、部長が愛人を妊娠させてしまったので、課長とその愛人を結婚させる、ということになります。これが実際にあったとしたら、社内は大騒ぎになりますよね。
 
当時はどんなふうに行われていたのでしょうか?
日本史の教科書に出てくる偉人も、毎年の大河ドラマの主人公もやっているのです。
 

関連キーワード
ライフスタイル】の最新記事
  • 社会人の飲み代は史上最低額の2,860円! OL達の外食節約術
  • あえて空気を読まないのが正解! 「Facebook疲れ」の打開策
  • 「管理職になりたい女性」わずか11%! 女上司に向く性格とは?
  • 充実した生活のために、今最も優先すべきことは?
  • ゴロゴロ寝ながら太もも引き締めエクササイズ!
  • レディ・ガガ、過激な衣装で公演中止! オシャレ女子の苦労6選
  • 知らないうちに五月病? ストレスがたまっているときに見る夢 4選
  • イェール大学の研究で正式認定!? デブは怠け者で、痩せはビッチ