ちょっと笑える絆エピソードを紹介したいと思います。

 

絆があればトラブルも乗り越えられる

 

その1:クチが悪い女同士の絆

女友だちが、意中の男性に告白してふられたので、なぐさめに行きました。
「私、顔が可愛くないから」と言って泣く彼女に「女は顔じゃないやろ!」と励まそうとして、「女の顔じゃないやろ!」と言ってしまいました。
言い間違えたとはいえ、おもいっきり彼女の顔を罵倒した私に、彼女がひとこと「しばらくひとりにして……」

連絡が途絶えてしばらくして、彼女の家で鍋をかこむ女子会に呼んでもらえて再会。
「言い間違えて焦る、あんたの顔! ほんまにおもろかったわ〜」と笑いながら、肩をバンバン叩かれました。
今度、彼女と一緒に「クリスマス直前婚活パーティー」に参戦する予定です。
(35歳/ライター)

○女の友情は一生もの。たまにクチが悪すぎて頭に来ても、やっぱりいちばん分かり合えてるのもその相手なんですよね。

その2:年上彼女と年下彼氏の絆

最近オシャレをしても、髪型を変えても、彼氏が微妙な反応しかしてくれなくなりました。
6歳も年上の私は「若い子のほうがいいのでは?」といつも心配しています。
ある日のデート中、そんな不安が爆発して「興味がなくなったのなら、はっきり言えば!」と捨てセリフを吐き、帰ってきてしまいました。
もう、終わりだ……と思ってふられる覚悟を決めて。

デートの後に、彼から長文のメールが届きました。
そこには「この前会わせた男友だちに『彼女カワイイのに何でお前なんかと付き合ってんの? 6歳も年上だし、遊ばれてるんじゃないか?』と言われて不安になって落ち込んでいた。冷たくしたつもりはない」と書かれていました。
「なんてバカップルなんだろう」と大爆笑して仲直りしました。
(32歳/ OL)

○相手に遠慮するのが優しさではありませんよね。絆があるからこそ、不満や不安をぶつけられるのではないでしょうか。

その3:ペットが取り持つ友人との絆

海外旅行に行く友人の犬を預かったのですが、その日のうちに逃亡されてしまいました。泣きながら一晩中探して、翌日の夕方になんとか保護。
「逃がした」なんて言えず、何食わぬ顔で友人のもとに帰っていった1ヵ月後、「うちの犬……妊娠しとるんやけど……」と電話が。
ことの詳細を説明したら、連絡が絶えてしまいました。

しかし2ヵ月後に「生まれたで!」と泣きながら、真っ先に電話してきてくれました。いまでは子犬にメロメロだそうです。
(34歳/飲食店勤務)

○これって娘の結婚にどうしても喜べないお父さんの心境に似てる? ちょっと乱暴な結婚でしたが(笑)

このように、トラブルを超えたからこそ深まる仲もあります。
1度は壊れてしまったように見えても、大切な人とはちゃんと絆が繋がっているものなんですね。
そのときはすごくつらくても、あとで「あのときは〜」と笑って言える日が必ず来るのです!
未来を信じてがんばりましょう!

 

関連コラム

 

「妻と別れてでも付き合いたい」と思う女性に男性が見せる素顔
1年以内に結婚したい女性必見!今年、結婚を決めた女のスゴ技
【彼氏いない歴5年】アラサー女子が突然結婚できた理由とは?
プエラリアでダイエットとバストアップを同時に達成する方法
Written by Gow! Magazine編集部
Photo by Axel Bührmann

ライフスタイル】の最新記事
  • アラサーなら絶対必須!プラス1で超好感度アップの流儀3選
  • 幸福を遠ざける3つのNGワードはコレ
  • あなたがあなたらしく生きて幸せをつかむために
  • あなたは今、人生の中で「どういう時期」を迎えている?
  • あなたの「絶対的な強み」は何?
  • あなたが楽しく生きていくために必要なもの
  • あなたが陥りやすいピンチと、上手なすり抜け方
  • 鍋奉行が性格豹変?本当にあった壮絶な鍋パーティー7選
あなたへのおすすめ