LGBT(セクシャルマイノリティ)に対する理解は、ここ数年で一気に広がってきています。
 
しかしそんな中でも、「LGBTに理解があると思いきや実は偏見だった」ことはあるんです。
今回はLGBT当事者の筆者が、実際にあった経験を元にいくつか書いていこうと思います。
 

1.無理に話を合わせようとする

 
LGBTに理解があると言っていたAさん(20代/女性)は、筆者との会話の中で知人Dの話題を出しました。知人Dは身体的性別は女性ですが、男性のような服装や髪形をし、振る舞いも紳士的だという話です。Aさんは知人Dの事を「カッコいい」「付き合ってみたい」と言ったので、「アプローチしてみたら」と返すと「それはちょっと」と言いよどみます。
 
LGBTに理解がある、ということは、自分もLGBTと同じになるという事ではありません。
ヘテロ(異性愛者)はヘテロ、LGBTはLGBT。違いを認め合い、自分と相手のセクシャリティを尊重する事が、LGBT理解の本質です。
相手がLGBTだからといって無理に話を合わせようとするのは失礼ですし、本質を理解していない偏見とも言えます。
 

関連キーワード
LGBT】の最新記事
  • LGBT当事者が語る「新潮・生産性問題」背景に2つの“迫害の歴史”
  • LGBT当事者が語る“同性カップルと異性カップルの違い”
  • 実はたくさんある! 同性カップルにしかない“メリット”とは
  • 【実録】「LGBTに理解がある」と言われても実は偏見だった話
  • セクシャル・フルイディティ(性的流動性)って何?
  • 事実婚も対象!? 異性同性フラットに“全国初”パートナーシップ制度
  • 「クエッショニング」って何? LGBTQの“Q”について
  • 実録:彼氏や夫がいたのに「女性同士の経験」をした女性の話