同性愛用語でタチ・ネコ・リバという言葉があります。
 
今回は、「なんとなく知っているけど、どういう意味?」「なんで、タチとかネコとかいうの?」「タチ・ネコは知っているけど、リバがよくわからない」といった方のために、タチ・ネコ・リバの意味や語源について、簡単に解説していきます。
 

タチ・ネコ・リバってどういう意味?

 
タチ・ネコとは、同性愛の恋愛関係において、どちらが、挿入する側かを示した用語です。
ゲイの場合は、男性器をどちらが挿入するか、によってタチかネコか、にわけられるわけですが、レズビアンの場合にもこの用語は適用されます。
 
レズビアンの場合、攻める側がタチ、受け身側がネコと呼ばれます。
 
同性愛者の場合、タチとネコ、両方できる人、相手によって変えられる人もいます。
そういった人のことは「リバ」と呼ばれます。また、リバにはならず、いつもタチ、いつもネコ、の人の場合、バリタチ、バリネコと呼ばれることもあります。
 
まとめると以下のようになります。
 
タチ…挿入する側・攻める側の同性愛者のこと
ネコ…挿入される側・受け身側の同性愛者のこと
リバ…どっちの役割もいける、相手によってタチにもネコにもなれる同性愛者のこと
バリタチ…相手が誰でもタチの同性愛者のこと
バリネコ…相手が誰でもネコの同性愛者のこと


タチ・ネコ・リバの語源とは?

 
次に、タチ・ネコ・リバの語源を確認していきましょう。
 
タチの語源とは?
 
タチの語源には、ふたつの説があります。
 
・歌舞伎や宝塚などで、男役のことを「立ち役」というため、ここからきているという説
・男性器の隠喩の「太刀(たち)」からきているという説
 
ネコの語源とは?
 
ネコの語源も、おもにふたつの説があります。
 
・工事現場で使う一輪車がネコと呼ばれていて、そこからきているという説(作業員が一輪車を押している姿が、同性愛者がセックスしているように見えることから)
・女性器の隠語であるプッシーキャットが由来だという説
 
リバの語源とは?
 
リバの語源も、おもにふたつの説があります。
 
・Liberty(自由)。自由に選択できる、という意味からきているという説
・Reverse(逆・反対)。反対の役割もできる、という意味からきているという説

さいごに。同性愛用語を知ることは、同性愛についてより深く知るための第一歩

 
今回は、同性愛用語である、タチ・ネコ・リバの意味と語源について簡単に解説してきました。
 
そのほかにも同性愛用語はたくさんあります。
 
たとえば、
・ダイク(男性っぽい見た目のレズビアン)
・フェム(見た目が女性的なレズビアン)
・ボイ(見た目が少年っぽい、または中性的なレズビアン)
・イカニモ・イカホモ(短髪・ヒゲ・がっちり体型など、典型的なルックスのゲイ)
・オケ専(高齢者を好むゲイ)
・店子(ゲイバーの店員)
…などなど。
 
同性愛用語を知れば、同性愛の世界をより深く知ることができます。気になった方は調べてみてはいかがでしょうか?
 
(今来 今/ライター)
 
■ゲイの受け攻めはどうやって決まる!?実は奥深いタチ・ネコの謎
■ビアンのセックステクニックとは?
■ゲイ風俗とゲイバーで働いていたオカマだけど質問ある? 〜ゲイの恋愛事情編〜|もちぎ
 

LGBT】の最新記事
  • LGBTQだってマッチングアプリで恋人探しをしたい! LGBTQ向けマッチングアプリ
  • どっちが女役? 同性愛者に聞いてはいけないNG質問
  • 「タチ」「ネコ」「リバ」の意味・語源とは?
  • 「LGBTQ」の「Q」の持つふたつの意味とは?
  • セクシャルマイノリティを理解し、支援する「アライ」とは?
  • 「レズビアンはどうやって出会っているの?」本気の出会いの場所3選
  • カミングアウトされたらどうする? 無意識に傷つけない為の完全マニュアル
  • セクマイ・同性愛者・LGBTってなに? 今こそ確認するべき令和の新常識