“SOGI”ってなんでしょう? 知らない、という方も多いのではないでしょうか。
今年10月「新しい言葉がたくさんあってヤバい」と話題になった辞書、三省堂 現代新国語辞典にも掲載されたSOGI。
 
今回はSOGIというセクシャリティのお話について、できるだけ分かりやすくまとめて行きたいと思います。
セクシャリティの常識が激変している今、知っておいて損はないかも?
 

SOGIってなに?

 
読み方は「ソジ」か「ソギ」で、どちらでも大丈夫です。そのまま読めばいいので分かりやすいですよね。
SOGIは、以下2つの名詞の頭文字を取って作られた言葉です。
 
①S・O=セクシャル・オリエンテーション/性的指向
②G・I=ジェンダー・アイデンティティー/性的自認
 
「性的指向」とは「どんな性別の相手を好きになるか」です。
ヘテロ(異性愛)の他にも、レズビアン・ゲイ(同性愛)や、バイ(両性愛)、パンセクシャル(全性愛)や、アセクシャル(無性愛)など数多くの種類があり、グラデーションのようにさまざまです。
ちなみに「性的指向」は、生まれつきです。後天的な「性的嗜好」と混同しないよう気をつけましょうね。
 
「性的自認」とは「自分がどの性別だと感じるか」です。
自分を女性だと思う、男性だと思う、その他と、こちらも多くの種類があります。これも他人や自分の意思で変更できないことであり、英語の言葉のまま「性別の独自性(アイデンティティー)」です。
性的自認が体の性別と合致している場合や、合致していない場合もあります。例えば性的自認が女性だけれど体の性別が男性という場合は、トランスジェンダーとなります。また性的自認が男性でも女性でもないと感じる場合は、エックスジェンダーとなります。
 
「性的指向」と「性的自認」をもって、自分のセクシャリティを表す考え方がSOGIということですね。
 

関連キーワード
LGBT】の最新記事
  • 浮気性となにが違う? LGBTからみたポリアモリー(複数愛)
  • 友達にLGBTだと告白された! そのとき心がけること5選
  • クリスマス間近! LGBTカップルが指輪を買ったレポ
  • 「好きになった人が好き」性別を超えた“パンセクシャル”とは
  • 結婚しなくても幸せになれる時代でLGBTが結婚したい理由
  • 今知っておきたい“SOGI”とは? 誰でも分かるセクシャリティのお話
  • 「実際に苦労してる事って何?」26歳、LGBTの本音
  • LGBT当事者が語る「新潮・生産性問題」背景に2つの“迫害の歴史”