5.楽しく恋バナをする

 
人にもよりますが、現代のLGBTにとってカミングアウトは、誰にでもできることではありません。筆者の場合、LGBTに偏見を持っていない、かつ「アウティング」(当事者の承諾なく他人にセクシャリティをカミングアウトすること)をする可能性がないと信頼している人にしかそれをしません。
そして「恋バナ」は、カミングアウトした相手にしか、深く話すことはできないんです。
 
もしタイミングがあれば、「あなたの恋バナも聞かせてよ」と聞いてみてはいかがでしょう。
きっと前よりももっと、お互いに楽しい話ができますね。
 

おわりに

 
カミングアウトされたからといって、あなたの身近な人の人間性はなにも変わりません。セクシャリティはその人の一部であり、ずっと前からあったものなんです。
そしてそれは、個性のひとつですが、全てではありません。このことを、ぜひ心がけていただければと思います。
 
(西繭香/ライター)
 
■実はたくさんある! 同性カップルにしかない“メリット”とは
■信頼できる人間関係を築く方法をタロットが教えます
■「実際に苦労してる事って何?」26歳、LGBTの本音
 
photo by.  https://unsplash.com/

関連キーワード
LGBT】の最新記事
  • レズビアンがノンケ女性をどう落とすか。難しい片思いを実らせるには?
  • 浮気性となにが違う? LGBTからみたポリアモリー(複数愛)
  • 友達にLGBTだと告白された! そのとき心がけること5選
  • クリスマス間近! LGBTカップルが指輪を買ったレポ
  • 「好きになった人が好き」性別を超えた“パンセクシャル”とは
  • 結婚しなくても幸せになれる時代でLGBTが結婚したい理由
  • 今知っておきたい“SOGI”とは? 誰でも分かるセクシャリティのお話
  • 「実際に苦労してる事って何?」26歳、LGBTの本音