“パンセクシャル”って聞いたことありますか?
Facebookでは50種類以上定義されるなど、セクシャリティは近年多様化してきています。パンセクシャルは、数多くあるその中のひとつです。
 
今回はセクシャルマイノリティ当事者である筆者が、パンセクシャルについてお伝えしていきます。
 

1.パンセクシャルってなに?

 
これは、男性・女性などの性別に関わらず、どんな人も恋愛対象になりうるセクシャリティのことです。全性愛とも言い、「パン」とは、ギリシャ語で「全て」を意味する言葉に由来しています。
つまり誰かを好きになる時に“性別”を全く気にしない、自分と相手がどんな性別であろうが「好きになった人が好き」なのが、パンセクシャルなんです。
 
「男性も女性も好きになれるなら、バイとどうちがうの?」そう思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
では、パンセクシャルとバイセクシャルは、どのように違うのでしょう?
 

関連キーワード
LGBT】の最新記事
  • 浮気性となにが違う? LGBTからみたポリアモリー(複数愛)
  • 友達にLGBTだと告白された! そのとき心がけること5選
  • クリスマス間近! LGBTカップルが指輪を買ったレポ
  • 「好きになった人が好き」性別を超えた“パンセクシャル”とは
  • 結婚しなくても幸せになれる時代でLGBTが結婚したい理由
  • 今知っておきたい“SOGI”とは? 誰でも分かるセクシャリティのお話
  • 「実際に苦労してる事って何?」26歳、LGBTの本音
  • LGBT当事者が語る「新潮・生産性問題」背景に2つの“迫害の歴史”