女性専用のレズビアン風俗に興味を持っている女性はいませんか。
自分がバイセクシャル、レズビアンの自覚があるなら、「彼女もいないし、行ってみようかな」と、ひそかに興味を抱いている女性もいるでしょう。

でも、恋愛も性の対象も男性という女性も、ふと街角ですれ違うステキな女性に目を奪われたり、ドキッと思ってしまうことってありませんか。
今回はそんな女同士の性に興味を持っている女性たちに、女性専用レズビアン風俗の特徴をご紹介します。

風俗でどんなことをするの?


女性専用の風俗に行ったことのある女性はあるでしょうか。
風俗というのは、言うまでも性を提供するお店のことです。女性専用レズビアン風俗も、それと同じで、ただし相手をしてくれる人が男性ではなく、女性です。

風俗に行くと、自分が利用したいコースを選びます。
たとえばキャストとカラオケ、テーマパークに行ったり、ご飯を食べたりして、友達や恋人との遊び感覚を味わえるデートコース。キャストと性感マッサージ、ヘルス、セックスを楽しめるビアンコース。その両方を時間いっぱいに楽しめるお泊まりコースなど――。

女の子同士のやり取りに興味はあるけど、まだちょっと抵抗がある……という方は、デートコースがオススメかもしれません。
キャストがどんな人か、一度顔合わせで利用してもいいでしょう。女の子同士の恋愛、性事情に興味があるなら、キャストに相談を持ち掛けるように利用しても全然いいと思います。

関連キーワード
LGBT】の最新記事
  • セクシャル・フルイディティ(性的流動性)って何?
  • 事実婚も対象!? 異性同性フラットに“全国初”パートナーシップ制度
  • 「クエッショニング」って何? LGBTQの“Q”について
  • 実録:彼氏や夫がいたのに「女性同士の経験」をした女性の話
  • 私マイノリティだった!? 初めて同性を好きになった人へ伝えたい3項
  • 女性専用レズビアン風俗ってどんなところ?
  • 『おっさんずラブ』の牧俊太みたい?釣ろうとしても釣れないいモテるゲイの特徴とは?
  • ビアンのセックステクニックとは?