ラブホスタッフの上野です。
私の働くラブホテルは男性同士でも女性同士でもご利用して頂くことが可能です。
 
しかし現実問題として、同性での利用をお断りしているラブホテルも少なくありません。ラブホテルも法的には旅館業なので、同性での利用を断るのは完全に旅館業法違反なのですが、残念がら未だに同性を断っているホテルが存在するのです。
 
おそらくそう遠くない未来にこのようなホテルは無くなることでしょう。しかし今日までそういったホテルが残ってしまったのにはそれなりの理由がございます。
 
それではラブホテルは一体なぜ同性の利用をお断りしてきたのでしょうか?
 

男同士はラブホテルを汚く使う?

 

ラブホテルが男性2人の利用をお断りする理由として、よく挙げられるのが「男性同士は部屋を汚く使うから」というものがございます。
 
実際、ラブホテルで働いている感触としては「男性同士が特別汚い」という印象はございません。ですので「男性同士が使うと部屋が汚れる」というのは誤りである可能性が高いでしょう。
 
しかしそんな現実的な話は重要では御座いません。
 
重要なのは「ゲイが部屋を汚く使うかどうか」ということではなく、このような噂がまことしやかに広まっているということなのです。
 
おそらく皆様の中にも「男同士は部屋を汚く使うから、ラブホは男性同士の利用を断っている」と聞いて「なるほど」と思った方も多いことでしょう。またネットでは「男同士は(以下略)」の噂があたかも真実かのように語られています。
 
これこそがラブホテルが男性同士の利用をお断りする最大の理由でしょう。
 
実際に「男性同士が部屋を汚く使うかどうか」ということはどうでもいい話なのです。重要なのは決して少なくない数の方が、その説明で納得をしてしまうということで御座います。
 
その説明で納得をしてしまう方は、当然ですが「男性同士の利用が多いラブホ=汚いラブホ」というイメージを持ってしまう可能性が高いでしょう。するとそんな汚いイメージの付いたラブホテルには男女のカップルのお客様も近寄らなくなってしまうのです。
 
この構造こそがラブホが男性同士の利用を断る理由でしょう。
 
特に繁華街のラブホテルの場合、この構造は非常に顕著に働きます。
 
全てのホテルが同性を断っている状況で、自分のホテルだけ男性同士OKにすると強烈に汚いイメージが付き顧客離れが起こることでしょう。一方で同性をOKにしても実際に同棲で利用する方は非常に少ないのでとてもペイが出来ません。

ゲイは怖くない

 

私のホテルは男性同士でも利用が可能で御座います。
しかし、それでもやはり男性同士のお客様が来店されると少なからず身構えてしまうのは間違いありません。
 
特にそのお二人がゲイなのかそうではないのかということが気にならないといえば嘘になるでしょう。
 
このようなことをお話しすると「ラブホはゲイに対して差別的だ」とお考えになった方もいらっしゃるかと思いますが、決してそんなことはございません。
 
我々が恐れているのはむしろ逆。
 
ゲイではなく、ゲイでもないのに定期的に男性2人でラブホテルに来店する方を我々は警戒しなければならないのです。

犯罪の温床にならないために

 

昨年、某ラブホテルで殺人事件が御座いました。
 
ニュースにもなったので覚えている方も多いかと思いますが、ラブホテル目線で見ればこんなに困った話は御座いません。
 
「死体が出た」というニュースは、ホテルの経営を完全に傾けます。噂1つで潰れてしまったホテルも決して少なくありません。
 
ですのでラブホテルは「殺人」に代表される犯罪関係の噂に対して非常に敏感にならなくてはならないのです。
 
それでは先ほどの話に戻りましょう。
 
ゲイのカップルが1ヶ月に5回来店されたとしても、そこに不自然さは一切ございません。カップルがラブホに来ているだけで御座いますので、我々としても警戒する必要がないのです。
 
しかしゲイではない男性2人が1ヶ月に5回来店されたとしたら、そこには一体どのような理由があるでしょうか?
 
もちろん真っ当な理由で来店されている方もいらっしゃることでしょう。
 
しかしラブホテルは過去に何度も何度も犯罪の温床として世間様にご迷惑をかけてきた歴史が御座います。
 
そしてその度に法律が厳しくなり、より厳しい状況に追い込まれてきたのです。
 
ですので、どうしても「犯罪かもしれない」と警戒しないわけにはいきません。
 
もちろんご利用を断ることは御座いませんし、お客様に何かを直接聞くようなことも御座いませんが、お客様がお帰りになった後にゴミ箱やトイレをいつも以上に入念にチェックをするなど対策をしなければならないのです。
 
このような手間があることを考えれば、最初から男性同士は禁止としてしまうホテルの気持ちもご理解いただけるのではないでしょうか?
 
法的に許されない行為でございますので、おそらくそう遠くない未来に「同性お断り」のラブホテルは消滅することと思いますが、この歴史にはそれなりに理由があったのも間違いありません。
 
(ラブホスタッフの上野/ライター)
 
■ラブホで男性が意外と見ている女性の行動|ラブホスタッフの上野さん
■ラブホでの普段とは違った彼氏との楽しみ方|ラブホスタッフの上野さん
■ラブホテルにある不倫のお客様向け設備やサービス|ラブホスタッフの上野さん
■ラブホで音漏れは気になる?|ラブホスタッフの上野さん
■ラブホで男性は何を考えている?|ラブホスタッフの上野さん
 

pickup!
LGBT】の最新記事
  • LGBTだけじゃない!「男性だから」「女性だから」という呪縛
  • 彼氏や旦那からのカミングアウト!「男性を好きになった」と言われたらどうする?
  • 同性同士で入れないラブホがあるのはなんで?|ラブホスタッフの上野さん
  • ゲイにイケメンが多いって本当?
  • 【初心者向け】二人で楽しむ!レズビアンのセックスはどうやってする?
  • レズビアンのタチはどうやって性欲を満たすの?
  • レズビアンのセックスはいつ終わるの?
  • 「自分がゲイだと気付いたばかりの人」はどこで出会えばいい?