ここ数年、LGBT関連のニュースが取り上げられることが多くなってきました。
しかし、LGBTQのQについては、認知が遅れているような印象があります。今回は、LGBTQのQとは何か、について解説していきます。
 

「LGBT」とは?

 
LGBTQのQを解説する前に、LGBTの意味についても簡単に確認しておきましょう。
 
「LGBT」の「L」とは?
Lesbian(レズビアン)のことです。本人の性自認が女性で、恋愛対象も女性の人を指します。
 
「LGBT」の「G」とは?
Gay(ゲイ)のことです。本人の性自認が男性で、恋愛対象も男性の人を指します。メディアでは、女装したり女っぽかったりするゲイの方が多数見受けられますが、実際には、女装には興味のない方が大半です。
 
「LGBT」の「B」とは?
Bisexual(バイセクシャル)のことです。本人が男性か女性かに関わらず、恋愛対象が男女両方OKという方を指します。
バイセクシャルの中にも、「どちらかと言えば女性がいいけど、男性も好きになる」「男女平等に好きになる」「男性の方がどちらかと言えば好きだけど、男っぽい女性だったら恋愛対象になる」など、好き度にはグラデーションがあります。
 
「LGBT」の「T」とは?
Transgender(トランスジェンダー)のことです。生まれ持った性別に違和感がある人のことです。
トランスジェンダーの中には、性別変更を望む人もいます。男性から女性に性別を変更した人(または望む人)をMTF(Male To Female)、女性から男性に性別変更した人(または望む人)をFTM(Female To Male)と呼ぶこともあります。

「LGBTQ」の「Q」の持つふたつの意味とは?

 
LGBTは、それぞれ性的マイノリティの頭文字をとったものですが、もちろん性的マイノリティが全てLGBTのどれかに当てはまるというわけではありません。
 
中には、自分の性別がどちらなのか、男女どちらを好きになるのか、が定まっていない人たちもいます。
そういった人たちを総称し、Questioning(クエッショニング)と呼びます。これがLGBTQのQに当たります。
 
また、LGBTQのQにはクエッショニングだけではなく、Queer(クイア)という意味も含みます。
クイアとは、直訳すると「変な」「「変わった」「変態」などの意味がある英単語です。
 
かつては「変態」「変わった人」とみなされていた性的マイノリティの人々が、性的マイノリティであることは恥ずかしいことではないという肯定的な意味合いを持たせるために、クイアを自称しはじめたことからLGBTQのQにクイアという意味が含まれることになりました。
 

さいごに。セクシャルマイノリティはLGBTだけじゃない

 
クエッショニング、クイアを意味するQが、LGBTのあとに付けられていることはとても意味深いことです。LGBTだけが性的マイノリティであるという認識が広まれば、そのどれにも当てはまらない人たちは孤立し疎外感を覚えてしまいかねません。
 
LGBTQのQは、「性自認や性的対象がLGBTのどれにも当てはまらない人や、迷っている人、流動的な人なども存在しているし、認められるべきだ」という多様性への寛容さを促す言葉なのです。
 
(今来 今/ライター)
 
■セクシャルマイノリティを理解し、支援する「アライ」とは?
■セクマイってヘテロになれるの? 多様性の時代に絶対知っておくべき3項
■30人に1人が性的マイノリティ! 知っておきたいLGBTのこと
 

LGBT】の最新記事
  • LGBTQだってマッチングアプリで恋人探しをしたい! LGBTQ向けマッチングアプリ
  • どっちが女役? 同性愛者に聞いてはいけないNG質問
  • 「タチ」「ネコ」「リバ」の意味・語源とは?
  • 「LGBTQ」の「Q」の持つふたつの意味とは?
  • セクシャルマイノリティを理解し、支援する「アライ」とは?
  • 「レズビアンはどうやって出会っているの?」本気の出会いの場所3選
  • カミングアウトされたらどうする? 無意識に傷つけない為の完全マニュアル
  • セクマイ・同性愛者・LGBTってなに? 今こそ確認するべき令和の新常識