マッチングアプリって、いいですよね。好みのタイプや、趣味が近い人を探せるなど、恋人がいない人にとって大切な出会いの場所です。
今回は「LGBTQだってマッチングアプリで恋人探しをしたい! LGBTQ向けマッチングアプリ」をご紹介します。
 

Dine(ダイン)

 
「食事をする」という意味の英単語、Dine。「100通のメールよりも1回のデートを。」をモットーに、“メールやチャットで仲良くなってから会う”というマッチングアプリの常識を覆した、カナダ発の画期的なアプリです。
 
システムは簡単。まずはあなたの基本情報を入力、次に“自分の行きたい飲食店”を登録します。あなたが希望する飲食店に、あなたと一緒に行きたいという人から連絡が来てそれを承認すれば、すぐにスケジュールの設定、お店の予約、お食事デート当日! といったスピーディーなマッチングに。気になる相手を見つけたら、あなたから食事のお誘いをかけることも可能です。
 
メールやチャットでコツコツ相手を知るより、百聞は一見にしかず、会ってみた方が早いよね! といった方向けのアプリです。
 
自分の性別は「男性」「女性」から選べ、対象の性別は「男性」「女性」「男性と女性」から選べます。
 
「メールやチャットが煩わしい!」「とりあえず人と会ってみたい」「おいしい食べ物が好き」という方にはオススメなのではないでしょうか。

マッチ・ドットコム

 
アメリカで1995年にスタートした歴史あるマッチングアプリ、マッチ・ドットコム。世界40カ国でサービスを展開する、世界的に有名なアプリです。
 
使い方は一般的なマッチングアプリと同じで、基本情報入力後、アプリで気になる人を探し「いいね」を送りあいます。それだけでなく、アプリ側があなたにオススメの人を毎日紹介してくれるサービスもあるんです。
 
特徴としては、自分の人種や、希望する相手の宗教を設定できること。グローバルアプリならではの特徴ですよね。また、自分の年齢確認書類の提出が義務づけられていて、年齢詐称などの不正ができないようになっています。
 
自分の性別を「男性」「女性」から選び、相手の性別も「男性」「女性」から選べます。
 
グローバルな出会いを求めていたり、相手の宗教や目の色、髪の色など、細かな特徴に好みのある方にピッタリなマッチングアプリなのではないでしょうか。
 

LING(リング)

 
レズビアンやバイセクシャルを対象とした、女性限定のマッチングアプリ、LING。日本発の女性専用マッチングアプリです。
 
基本情報入力後、気になった相手に「Hello!」という声かけをしてマッチングをします。有料にはなりますが、「レズビアン」「バイセクシャル」などのセクシャリティから探せたり、ボイ・フェムなどの特徴から探せたりもできます。あなたの特徴も記載することができ、よりあなたらしく、あなたの求める出会いを探すことができるんです。
 
Twitterのようなつぶやき機能があり、それに投稿することであなたのことを知ってもらい、登録者のつぶやきを見ることで気になる人を探すこともできます。
 
つぶやき機能のみを利用することも、他の人のつぶやきを見ているだけの利用もできるので、マッチングアプリ初心者という方も安心して使えるのではないでしょうか。
 
女性専用のマッチングアプリを安心して使いたいという方にオススメですよ。
 

おわりに

 
男性、女性だけでなく、一説では50種類以上あるとされるセクシャリティ。日本で使えるマッチングアプリでは、未だこのセクシャリティを自由に設定できるアプリはほぼありません。
 
海外では既にあらゆるセクシャリティを選べるアプリが配信されているので、今後日本でも配信されることを期待しています。
 
(西繭香/ライター)
 
■「レズビアンはどうやって出会っているの?」本気の出会いの場所3選
■レズビアンがノンケ女性をどう落とすか。難しい片思いを実らせるには?
■「好きになった人が好き」性別を超えた“パンセクシャル”とは
 

LGBT】の最新記事
  • LGBTQだってマッチングアプリで恋人探しをしたい! LGBTQ向けマッチングアプリ
  • どっちが女役? 同性愛者に聞いてはいけないNG質問
  • 「タチ」「ネコ」「リバ」の意味・語源とは?
  • 「LGBTQ」の「Q」の持つふたつの意味とは?
  • セクシャルマイノリティを理解し、支援する「アライ」とは?
  • 「レズビアンはどうやって出会っているの?」本気の出会いの場所3選
  • カミングアウトされたらどうする? 無意識に傷つけない為の完全マニュアル
  • セクマイ・同性愛者・LGBTってなに? 今こそ確認するべき令和の新常識