今年9月に休刊が決まった月刊誌“新潮45”。7月に「LGBTは子供をつくらない、つまり生産性がない」などの記事を掲載し、批判を集めました。
 
今回は、LGBT(セクシャルマイノリティ)当事者である筆者が、思うことを書いていきます。
 

1.自身と友人を傷つける記事

 
「子供を作らない=生産性がない」とした今回の記事は、LGBTに限らず、独身だったり、子供を持たないヘテロ(異性愛者)の方にも、矛先が向く結果となっています。
筆者には独身の友人が多くいますし、自身がLGBTでなくとも気分の良い記事ではありませんでした。
 
テレビに顔出しで出演され、今回の記事について意見しているLGBT当事者の方々を拝見しましたが、とても勇気のある行動だと感じます。自分や友人のアイデンティティーに関わる問題です、傷ついていない訳がありません。それでも意見を伝えようとする姿に、尊敬を覚えています。
 

関連キーワード
LGBT】の最新記事
  • 友達にLGBTだと告白された! そのとき心がけること5選
  • クリスマス間近! LGBTカップルが指輪を買ったレポ
  • 「好きになった人が好き」性別を超えた“パンセクシャル”とは
  • 結婚しなくても幸せになれる時代でLGBTが結婚したい理由
  • 今知っておきたい“SOGI”とは? 誰でも分かるセクシャリティのお話
  • 「実際に苦労してる事って何?」26歳、LGBTの本音
  • LGBT当事者が語る「新潮・生産性問題」背景に2つの“迫害の歴史”
  • LGBT当事者が語る“同性カップルと異性カップルの違い”