おわりに

 
家族の形が多様化する現代に、果たして日本は追いついているのでしょうか。
結婚しなくても幸せになれる時代とは、現在の婚姻制度が時代遅れの法律となり、それを利用するメリットが少なくなったことの現れではありませんか?
つまり「結婚しても幸せになれない時代」に、日本はなりつつあるのです。
 
これからの未来に、時代に見合った婚姻制度が作られ、どんなセクシャリティの人でも「結婚すると幸せになれる時代」が来ることを願っています。
 
(西繭香/ライター)
 
■「実際に苦労してる事って何?」26歳、LGBTの本音
■姓名判断|今の二人の結婚度数は?
■LGBT当事者が語る“同性カップルと異性カップルの違い”
 
photo by.  https://www.pexels.com/

関連キーワード
LGBT】の最新記事
  • 浮気性となにが違う? LGBTからみたポリアモリー(複数愛)
  • 友達にLGBTだと告白された! そのとき心がけること5選
  • クリスマス間近! LGBTカップルが指輪を買ったレポ
  • 「好きになった人が好き」性別を超えた“パンセクシャル”とは
  • 結婚しなくても幸せになれる時代でLGBTが結婚したい理由
  • 今知っておきたい“SOGI”とは? 誰でも分かるセクシャリティのお話
  • 「実際に苦労してる事って何?」26歳、LGBTの本音
  • LGBT当事者が語る「新潮・生産性問題」背景に2つの“迫害の歴史”