2017年はLGBT元年ともいうべき、セクシャルマイノリティが社会的に話題になることが多かった年でした。レスビアン・ゲイ・バイといった言葉は一般的に広まり、「異性を好きになる人ばかりじゃない」ということは日本でも常識になりつつあると言えるでしょう。

ですが、まだまだ世間的に認知されていない性的マイノリティも存在します。それは、恋愛感情を持たない、「アセクシャル」と言われる人々です。

アセクシャルとは? なぜ認知されていない?


アセクシャルとは、「性別関係なく、誰にも性的関心を持たない人」のことです。

「恋愛して当然」「結婚して当然」と考えられることの多い世の中で、「誰にも性的欲求を持たない人」がいることは、あまり知られていません。

なぜアセクシャルの人は確実に存在しているにも関わらず、表面化していないのでしょうか?

それは、一つには、数が少ないマイノリティである、ということが挙げられます。(※1)もうひとつには、アセクシャルの人々の存在をクローズアップすることによる利益を得られる人は少ない、ということが挙げられるでしょう。

恋愛・結婚を当たり前のこととし、推奨することは、経済的に大きな影響があります。デートやプレゼント、結婚式などで人々は多大な消費活動を行い、それにより企業は潤います。恋愛は儲かるのです。「恋愛や結婚なんて誰もしなくてもいい。数百万もする結婚式や結婚指輪はムダ」という価値観が一般化してしまっては、困る企業の方が多いのが実情です。

関連キーワード
LGBT】の最新記事
  • LGBT当事者が語る「新潮・生産性問題」背景に2つの“迫害の歴史”
  • LGBT当事者が語る“同性カップルと異性カップルの違い”
  • 実はたくさんある! 同性カップルにしかない“メリット”とは
  • 【実録】「LGBTに理解がある」と言われても実は偏見だった話
  • セクシャル・フルイディティ(性的流動性)って何?
  • 事実婚も対象!? 異性同性フラットに“全国初”パートナーシップ制度
  • 「クエッショニング」って何? LGBTQの“Q”について
  • 実録:彼氏や夫がいたのに「女性同士の経験」をした女性の話