女同士の人間関係はドロドロで恐ろしい……と男性が語るくらいには、女性の形成する人間関係って面倒くさいものがある場合が多いです。
誰かを攻撃するときも、脇を固めて逃げ場をなくしてから実行に移ったり。時間をかけて自分が主犯だとバレない環境を作り上げたり。
 
そんな女同士のドロドロに巻き込まれ、友達をまるっと失った女性の話です。
ちょっと怖いかもしれませんが、これが事実なので驚きです……
 

幸せだった……私の属する仲良しグループ

 

高校からエスカレーター式に入学した大学。その間ずっと仲良くしていたグループがありました。
自分を含めて5人のグループで、高校のときはカラオケや巨大パフェのお店に行ったり、大学に入ってアルバイトが本格的になってからは、旅行に行くこともしばしば。
 
学部学科まで一緒だった子が1人いたのですが、彼女とは特別に親しく、お互い恋愛相談をしたり、就職活動では切磋琢磨したり、家族の悩みも相談したり。
親友と呼べる仲でした。
 
社会人になると、やはり全員それぞれに忙しく、会う機会も減ってしまいました。
それでもたまに約束をして顔を合わせれば、昔のように笑い合う、いいグループでした。

久しぶりの再会に胸躍る友達グループ

 

そんなグループの1人が、結婚することになりました。おめでたい報告に、みんなで喜びました。
そして、ささやかなお祝いパーティも開きました。とても楽しい時間を過ごしたのを今でも鮮明に覚えています。
 
しかし彼女の結婚式で、私は悲しい現実を突きつけられることになるのです。
 
早めに到着して、待合室に飾られた写真や小物を眺めていると、グループの3人が一緒に入ってきたのです。
そして私を見つけると、ちょっとだけ気まずそうに顔を見合わせました。
 
「ドレスめっちゃ綺麗だねー! 3人で待ち合わせしてたの?」
あまり深くは考えず声をかけていました。
 
「あ、うん。ちょうど電車で一緒になって」
「ねー」
 
このときはまだ仲間外れにされているとは、疑ってもいませんでした。
 

友人グループの結婚式で暴かれる真実

 

しかし式が進むにつれて、なんとなく疎外感のようなものを感じるように。
簡単には説明できませんが、3人が特別に仲良く、自分だけその輪に入りきれていないような気がしたのです。
 
ついに披露宴のとき。
お色直ししてカラードレス姿になった友人が各テーブルを回るイベントの最中でした。
 
私たちのテーブルに来た彼女がこう言ったのです。
「二次会もありがとう! 今から楽しみ!」
 
きょとん、としたのは私だけでした。
他の3人はどうやら二次会の幹事をしていたようで……仲間外れというわけです。
その場では雰囲気を壊したくなかったので笑って何も言わずやり過ごしましたが、式がおひらきになったあと、3人に聞きました。

仲間外れにされていた私はこのあと……

 

結果、大学2年生の頃から私はハブられていたようです。
私のいないところで集まって悪口なんかも言い合っていた様子。
 
まったく気づきませんでしたし、就活のときも励まし合って深夜まで語り合った親友にまで裏切られていたのはショックです。
 
もうどうしようもない……と思いつつ、「納得できないからもう一回だけみんなで話す機会をちょうだい」と言うと、意外なことにすんなりと受け入れてくれました。
後日、私が仲良しグループと思っていた友人全員から嫌われることになった出来事を問いただすのですが、その内容は後編で……
 
(廣瀬伶/ライター)
 
■「面倒臭い……」女同士の人間関係をうまくやり過ごすコツとは?
■「女友達との関係が途絶えたわけ」友達関係でトラブルになる基本はコレ!
■「マウンティング…」女性が友達関係をやめる瞬間4選
 

あなたに憑いているのは誰の生き霊?

せい(ひらがな)必須

めい(ひらがな)必須

性別必須

人間関係】の最新記事
  • 終電逃して流れで朝まで……うっかりお泊りの後始末はどうつける?
  • おいしそう! ハロウィンに使えるレシピ特集
  • 男女関係だけじゃない!? 女性からも距離を置かれる「重い女」とは?
  • 「アラフォー男性」に勘違いされやすいLINEの内容とは?
  • ママ友サークルはマウント地獄? 「あらゆる面で一番になりたい」ママ友達【前編】
  • 新米ママの写真共有アプリが招いた悲劇【後編】
  • 新米ママの写真共有アプリが招いた悲劇【前編】
  • 狂気……ママ友に相談事をしたら即拡散! 生き地獄を経験しました【後編】