恋愛沙汰で女性同士が争うことって、意外と多いものです。
お互い言葉にせずともライバル視して、気づけば大変な争いになっていることも。
 
今回は、男絡みで勃発した女同士の仁義なき戦いに終止符を打つ方法を紹介します。
 

①色仕掛け

 

「おなじサークル同士の女友達で、同じ男の子を好きになってしまいました。
 
まず、どっちが先に連絡先を聞くかでバチバチ。
連絡先を聞いたあとは、どっちか先に返事がくるかや1日何通LINEをしているかで揉めに揉め……。
そのあとはどちらが先にデートにこぎつけるかで、因縁の争いをしていました。
 
結局どちらともただの友達で終わりそうな雰囲気だったので、わたしがかなり積極的に色仕掛けをして先に男女の関係に。
 
結局彼とはわたしも友達も付き合えなかったけど、先に体の関係を持ったことで満足したので、争いも終着させました」(20歳/学生)
 
こちらは、色仕掛けの強行突破で争いに終止符を打ってしまったパターンです。
 
なかなか心理戦で決着がつかず、どちらかが先に体の関係を持って無理やり関係を進めてしまった、ということです。

②殴り合い!?

 

「わたしには2歳違いの妹がいて、まるで双子のようにいつも一緒に過ごした妹と、同じところでアルバイトを始めました。
 
そこで出会った社員さんに、2人してひとめぼれしてしまい――どっちが社員さんにアプローチするかで、骨肉の争いをし始めてしまったのです。
 
それがなかなか決着がつかず、結局家の中やバイト先でも口喧嘩やひどい時は殴り合いの喧嘩をするようになってしまい。
 
結局バイト先からほかの従業員の迷惑になる、と注意喚起を受けてしまい、社員さんからも呆れられてしまい、ようやく姉妹喧嘩が鎮静しましたね」(23歳/フリーター)
 
こちらは、まさかの殴り合いの喧嘩を姉妹で繰り広げてしまったパターン。
 
見かねた職場から注意喚起があり、やっと落ち着きました。
争いが落ち着かないときは、周りに仲裁に入ってもらうのも良いですね。

③決着がつかないなら

 

「職場内で、同期と同じ部署内の先輩を好きになってしまいました。
 
はじめは、お互いバチバチでまわりを巻き込みながら猛烈にアプローチしていたのですが、なかなか決着がつかず……ヤキモキしていた矢先、彼が突然異動することが決まってしまいました。
 
彼の異動が決まったとたん、同期との仲も嘘みたいに元に戻りましたね」(29歳/事務)
 
こちらは、決着がつかず争われている男性がいなくなったことで解決したパターンです。
 
同じ社内の場合、どちらかが付き合えたとしても片方の因縁は残ってしまいますよね。
 
それなら、争いの元がなくなってしまうのが1番の円満な解決方法かもしれません。
 

女同士の戦いはクールダウンが必要

 

女性どうしの戦いは、感情的になりやすい場合が多いのです。
 
そのため、第三者が介入するなどしてクールダウンさせることも必要。
醜い争いを男性に見せてしまっては、実る恋も実らなくなってしまいますね。
 
(ライター/mashu)
 
■「面倒臭い……」女同士の人間関係をうまくやり過ごすコツとは?
■あるあるネタから学びたい「女の敵は女!」職場での女性同士のバトル5選
■絶対に譲れない! みんなが語る結婚のマスト条件6選

人間関係】の最新記事
  • 誕生日で分かる「あの人ってソウルメイトだったのかも…?」
  • 人間関係占い|最近のあなたが周囲に与えている印象は?
  • 人間関係占い◆誰にこの悩みを打ち明ければいいの?
  • 名前占い|あの人との関係がスタートするきっかけは?
  • 人間関係占い|あなたに安らぎをくれる人
  • あの人が考える「今の関係」◆名前占い
  • 相性占い|ぜひ聞いてあげて!あの人の「悩み」
  • 名前占い|ここで教えます!二人が出逢った意味