最近よく使われる「クソバイス」。この言葉は、コラムニストである犬山紙子さんが命名した造語です。
 
「求めていないのに繰り出される、クソみたいなアドバイスのこと。相手のためを思っているようで、実は上から目線で持論を押し付けているだけのことが多い。なお、クソバイスをすると大変気持ちが良い」
 
と、犬山紙子さんは著書に記しています。なんとも絶妙な言葉と表現ですよね。そこで今回は、この「クソバイス」を華麗に交わせる対処法4つをご紹介したいと思います。
 

1.相手の目を見てうなづく

 
相手が一生懸命「クソバイス」をしているときは、何も言わず、相手の目を見てとりあえずうなづきましょう。
 
彼女彼らの「クソバイス」を否定したり意見することは絶対にしてはいけません。なぜなら話しが長引くだけだからです!
 
「あなたの話しを聞いています」という姿勢をとりあえずこちらが見せれば、彼女彼らは満足します。
 

関連キーワード
人間関係】の最新記事
  • 「もうこの友達と会うのはやめよう」女性陣が決意する瞬間とは?
  • 職場の人間関係がうまくいかない……どうすればいい?
  • 女性に聞いた! “マウンティング女子”にはどう対処している?
  • お酒がのめない! 飲み会どうする? お酒の勧めを上手にかわす方法
  • アラフォーでもパパ活できる? パパ活中のアラフォー女性の本音とは
  • あの人さえいなければ…!職場の『邪魔者』は消えてくれる?
  • やっかいな「マウント女子」をさらりと交わす! 対処法4つ!
  • 嫌われるかも! 自己肯定感が低い人はめんどくさい!