悩みを抱えていない人間はいないとも言われています。そのため、人々は毎日何かしらのことを悩みながら生きているのです。
しかし、悩むということができるのは人間の特権といっても良いものです。悩むことができるから、より良い選択ができるということにもつながってくるのです。
 
さて、人生の中で一番悩むことが多いのはやはり「人間関係」のことではないでしょうか。また、年を重ねるごとに人間関係の悩みはさまざま変わっていきます。
 
そこで今回は「年代別の人間関係の悩み」について紹介していきます。
 

10代の人間関係で多い悩みは?

 

10代での人間関係で悩むことの多くは、友達や男女の関係についてです。相手を嫌いになる、好きになるといった感情ができ始めてくるのは10代ごろと言われています。人間関係の構築を初めたばかりなので、わからないことがたくさんある状態でしょう。
 
そのため10代はまだ、良心や共感能力の発達が乏しく、人を傷つけてしまうことを平気でしてしまう人が多いのです。
 
また、女性はホルモンバランスが大きく崩れ始める時期なので人間関係の悩みによって、心を病んでしまう人も少なくないでしょう。
恋愛においては、経験不足から相手の気持ちが読めないといったことで悩みを抱えてしまうことが多いでしょう。

20代の人間関係で多い悩みは?

 

20代での人間関係の悩むことの多くは、仕事の先輩や後輩についてでしょう。初めて社会に出て、自分の力でお金を稼ぐこと始める20代の多くは、社会人としてのふるまいを何もわかっていないことから、先輩たちから強くたたきこまれることでしょう。
 
学生の時とは違い、人間関係に悩まされても誰も助けてくれない環境でめげずに戦わなければいけません。
また、結婚のために遊び相手の男性ではなく将来を見据えた男性との交際もしなければなりません。
 
良い男性と出会えてもうまくいかないといった人間関係にも悩まされてしまうでしょう。
 

30代の人間関係で多い悩みは?

 

30代での人間関係の悩むことの多くは、結婚生活や子供とのコミュニケーションです。結婚生活は、自分のことだけを考えていたころとは違い、相手の男性のことや子供が増えたら、子供のことも考えながら生活をしなければなりません。一人の時間というものがなくなり、四六時中誰かとコミュニケーションをとらなければならないという状態にもおちいってきます。
 
また、子供とのコミュニケーションも人間関係の悩みの1つです。思うように言うことを聞かない……教えたことができない……といったことに悩みを抱えることもあるでしょう。

おわりに

 

いかがでしたか? 年代別の人間関係の悩みについて紹介していきました。何歳になっても人間関係の悩みはつきないものですね。
女性はとくに相手に寄り添う共感応力が高いと言われていて、その特性が逆に効果してネガティブな感情も読み取ってしまうことが多いのです。
 
そのため、女性はよけいに人間関係に悩まされてしまうのです。
誰もがみんな悩んでいるのです。自分だけではないことを心のどこかに覚えておくと悩んだ時に少し楽になりますよ。
 
(澪/ライター)
 
■人間関係がうまくいかないときに効果的!簡単プチ風水
■「面倒臭い……」女同士の人間関係をうまくやり過ごすコツとは?
■やばすぎ……会社で嫌われる女性の特徴
 

人間関係】の最新記事
  • 息子だけじゃ飽き足らない⁉︎ 姑、孫の教育に精を出す~前編
  • 「うちの子の方が上!」ママ友同士のお受験マウンティング合戦エピソード【後編】
  • 「うちの子の方が上!」ママ友同士のお受験マウンティング合戦エピソード【前編】
  • サシ飲みに誘われたけど普通に断りたい。やんわり逃げる方法とは?
  • 怒りと暴言で社内での立場を失った「イライラを抑えられない女性」について
  • 喧嘩した男性と仲直りする秘訣――「謝罪をするとき」に気をつけたいこととは?
  • カウンセラーが教える「嫌いなママ友との会話術」とは?
  • 【Wブッキング】片方の予定を断っても、なるべく罪悪感を持たずに済む考え方とは?