人と人のコミュニケーション。空気を読みながら周りに合わせるのは、誰もが容易にできることではありません。失敗をして初めて距離のとり方を理解する人もいます。
 
大人になっても距離感をつかめず、土足で入り込んでくる人は、たくさんいます。苦手だけど、付き合いは回避できない……。そんなとき、あなたならどうしますか? 今回は、心の距離感を無視して入ってくる人と上手に付き合う方法をご紹介します。
 

距離感をとれない人の特徴「空気を読めない」

 
心の距離感をとれない人は、どちらかというと空気を読めないタイプ。相手が嫌がっていることに気がつかないまま、無理やり仲良くしてくる人がいます。対男性とは限らず、女性同士でもよくある話です。さほど仲良くしているつもりはないのに、いつの間にか友人扱いをしていて、ひどいパターンだと「同志」のように親しまれる場合も。
 
空気を読めないのが問題になるときもあれば、空気を気にしすぎるのはよくないという流れになるときもあったりと、コミュニケーションにおいてどう振る舞うのか、今は難しくなっています。
 
空気を読まなさすぎるのも、やはり距離感をとれずに障壁をつくる原因になります。友達は、家族ではない。恋人も、家族ではない。自分以外の他者との関係をつくるうえで、距離感をとるというのは一番重要なテクニックです。空気を読めないと自覚しているなら、周りにいる空気の読める人をまねてみてください。
 

関連キーワード
人間関係】の最新記事
  • どうしても抑えられない! 幸せな友人への嫉妬心
  • 身につけておきたい! 下ネタを言われたときのじょうずな対処法4つ
  • 信頼できる人間関係を築く方法をタロットが教えます
  • 知らない間にされてる・してる…? イラつくクソバイスあるある
  • 男はだませても私は許さない! 女子が敬遠する同性の特徴
  • タロット占い|あの人を味方につけたい!どうしたらいいの?
  • 「クソバイス」にもうイライラしない! 華麗に交わせる対処法4つ!
  • 気が合うかな?あの人と仲良くすべき?