人間関係におけるマウンティング、仕事や恋愛、ステータスなどさまざまな分野で悩まされますよね。
 
しかし、何かにつけて「マウントを取られた」と勘違いしてしまうのも困ったものなのです。
 
今回は、何かにつけて「マウント取られている」とすぐ勘違いする人の末路を紹介します。
 

マウントをとられていると勘違いしてしまう人の末路その1

 

「わたしの彼氏は、いつも何か引っかかる発言があるたびに、「それマウント取ってんの?」とか、「マウンティング怖ー」とか言ってくるのです。
 
出会ったときからそうで、わたしたちはアプリで出会ったのですが、他の人とデートしているかどうかの話題になると、「俺全然会ってないのにめっちゃ会ってるアピールしてくるね」と言ってきました。
 
「疲れた」と言っただけで、「俺も仕事疲れたけど俺全然頑張ってないって意味?」と聞かれます。
そういう意味じゃない、いちいちあなたに対抗していない、と話をしてもまったく効果がないため、もう彼とは何も話をしたくなくなりました。別れを考えてます。」(26歳/事務)
 
こちらは、カップル同士でのマウンティングエピソード。
 
交際をしていると、距離が近いからこそ会話の中で「マウントを取られた」と勘違いしてしまうこともあるようですね。
 
しかし、本来はお互い尊重し合っている自覚があれば、「マウントを取られた」と勘違いすることはほぼ無くなるはずなのです。

マウントをとられていると勘違いしてしまう人の末路その2

 

「わたしの友達は、いつもそんなつもりで言ってないのに、マウント取られた、と勘違いして塞ぎ込みがちです。
 
人は人、というスタンスで会話しているため、その子はバツイチで子供がいないのですが、わたしと他の友達が結婚生活や子供の話をするたびに、「あなたよりわたしたちのほうが勝ってる」アピールされてように感じてしまう、とのこと。
 
ほぼ全ての発言をマウントだととらわれてしまうので、困ってしまっていました。
わたしはそれでもその子とは友達でいたい、と思っていたのですが、最近仕事場でのストレスで人間不信になってしまったようで、LINEもSNSも辞め、音信不通になってしまいました。」(32歳/看護師)
 
こちらは、女同士におけるマウントの取り合いエピソード。
 
女性同士は、恋愛や結婚・妊娠、出産など女性特有の幸せにおいてマウントを取られた、と勘違いしやすいことも多いもの。
 
このエピソードの場合は離婚をきっかけに全ての発言がマウンティングに聞こえてしまい、劣等感から人間不信になってしまったのです。

「マウントを取られた」と勘違いする人の共通点

 

実は、わざと相手に対してマウントを取る人は、ほぼいません。
 
大体のマウンティングは、自信のなさから「マウントを取られた」と勘違いしてしまうものから起きるのです。
 
まずは「マウントを取るなんてありえない」と相手を責める前に自分自身を見つめ直すことが大切です。
 
(ライター/mashu)
 
■仲良しの友達から急にマウントをとられ始めたら疑いたいこと
■全否定、高速うなづき、自分の話でマウントをとる……会話ブスな女性の特徴
■いるいる! 職場にいるやばすぎマウント女とその心理

人間関係】の最新記事
  • 誕生日で分かる「あの人ってソウルメイトだったのかも…?」
  • 人間関係占い|最近のあなたが周囲に与えている印象は?
  • 人間関係占い◆誰にこの悩みを打ち明ければいいの?
  • 名前占い|あの人との関係がスタートするきっかけは?
  • 人間関係占い|あなたに安らぎをくれる人
  • あの人が考える「今の関係」◆名前占い
  • 相性占い|ぜひ聞いてあげて!あの人の「悩み」
  • 名前占い|ここで教えます!二人が出逢った意味