「夜中に騒音がうるさい」「子どもの足音がひびく」「ゴミ出しの時間をまもっていない」「ペットの悪臭がする」など、ご近所に不満を抱いている方は少なくないでしょう。
 
また、そういった不満をご近所からぶつけられた方もいらっしゃるでしょう。
 
今回は、あなたがご近所トラブルに巻き込まれてしまったときに気をつけておくべき点を4つご紹介します。
 
いざというときのために、ぜひ参考にしてみてください。
 

ご近所トラブルに巻き込まれたときに気をつけたいこと1 感情的にならない

 

まず大切なことは、感情的になっては損をする、ということです。
 
相手から理不尽なクレームをつけられたり、いくら言っても騒音が鳴り止まなかったりした場合、苛立つ気持ちは理解できます。
 
ですが、感情的になってやりかえしたり、怒鳴り込んだりした場合、結局はあなたが不利になってしまう可能性が高いのです。
 
まずは冷静になってからトラブルに対応しましょう。

ご近所トラブルに巻き込まれたときに気をつけたいこと2 証拠を残す

 

ご近所トラブルを解決したいなら、証拠を残しましょう。
 
近所から聞こえてくる騒音を録音したり、録画したりして、実際に被害があることを明確にしましょう。
 

ご近所トラブルに巻き込まれたときに気をつけたいこと3 直接対決は避ける

 

できれば直接対決は避けましょう。
隣の部屋の住人に言いたいことがある場合でも管理会社を通しましょう。
 
直接対決してしまったら、お互いがヒートアップしてしまいがちです。
 
管理会社という第三者を間に挟むことで、冷静に対応することができます。

ご近所トラブルに巻き込まれたときに気をつけたいこと4 プロに相談する

 

ご近所トラブルがヒートアップしてしまったら、プロに相談しましょう。
 
たとえば、ご近所トラブルがこじれ、ご近所から嫌がらせされるようなことがあったなら、証拠を押さえ、警察に相談しましょう。
 
ご近所さんの行動により、実害を被った場合には、訴えることも視野に入れて弁護士に相談してみましょう。
 
弁護士の知り合いがいない場合は、法テラスを利用しましょう。
法テラスでは、一定の収入以下の方は、30分間無料で弁護士に相談に乗ってもらえます。
 
プロに頼ることで、これまでこじれていたご近所トラブルが一気に解決した、という事例も多々あります。
 
こじれてしまったトラブルを解決したいなら、プロへの相談を検討してみましょう。
 

ご近所トラブルに巻き込まれないために!

 

今回は、ご近所トラブルに巻き込まれた後の対応のヒントをご紹介しました。
 
ただ、できればご近所トラブルには巻き込まれたくないですよね。
最後に、ご近所トラブルを未然に防ぐためにポイントをご紹介しておきます。
 
・小さな子どもがいる場合は、音が響きにくいマットを購入する
・ゴミの分別ルールを遵守する
・共有部分に自転車やベビーカーなどの私物を置かない
・深夜や早朝に大きな音を出して騒がない
・ベランダにゴミを溜め込むなど、悪臭の原因になることはしない
 
面倒なご近所トラブルに巻き込まれないよう、お気をつけください。
 
今来 今/ライター
 
■血液型x12星座|トラブルに巻き込まれやすいのは?
■トラブル発生!? 職場のヤバすぎる人間関係エピソード
■女の園は超怖い!女性が多い職場でのトラブル・対処法

人間関係】の最新記事
  • ご近所トラブルに巻き込まれたときに気をつけたいこと4選
  • マウンティングより厄介!知らぬ間に評判を落とされる悪意のある心理効果
  • 「泥沼の口論を避けよう!」感情的になった時に言葉からトゲを抜く方法
  • 女の友情がもろくも崩れ去る瞬間とは?
  • 何かにつけて「マウント取られている」とすぐ勘違いする人の末路
  • やたらと男を紹介してくる承認欲求が強めな女友達と距離を置く方法
  • 男絡みで勃発した女同士の仁義なき戦いに終止符を打つ方法
  • 仲良しの友達から急にマウントをとられ始めたら疑いたいこと