何気ない発言がきっかけで友達が離れていくこともあります。腹を割って話せる友達は貴重ですが、親しき仲にも礼儀あり。その発言がいつの間にか相手を傷つけている可能性があります。女友達が離れていく可能性の高いマウンティング発言についてまとめました。
 

マウンティング女子って?

 

マウンティング女子とは、相手が自分よりも上だとアピールする態度や発言をする女性のこと。直接「私の方が上よ」とまでは言わなくても、遠回しな表現がある段階でマウンティングしていることがわかります。
 
男性社会では立場や役職などのポジションが明確な場合が多く、マウンティングする必要がありません。一方で、女性社会は立場や役職が明確でない場合が多く、場の空気を壊さないように会話の中でマウンティングする人も珍しくありません。

相手を不快にさせる! マウンティング発言とは?

 

マウンティングする側は優越感を得られるかもしれませんが、マウンティングされた側は不快な気持ちになるだけ。わざわざ不快な気持ちにする友達と一緒にいる必要はありませんよね。いつの間にか友達が離れていくマウンティング発言をまとめました。
 

夫の職業でマウンティング

 

「旦那が大手有名企業勤務というだけでマウンティングしてくる女友達。うちの旦那は小さい会社を経営しているのですが、“あなたの旦那の仕事についてどう思っているわけ?”って明らかなマウンティング。私自身のことならともなく、旦那のことをけなすなんて許せません。すごく仲のいい友達だと思っていたのですが、それ以来連絡はしていません」( 27歳女性・事務) 
 
旦那のことをストレートにマウンティングする発言。家族を傷つける発言は許せませんよね。
 

自虐的な発言のように見えて

 

「結婚後、専業主婦になったのですが、職場の元同僚の発言にイライラします。ママ友同士でお茶をしたことを話したところ、“あなたは専業主婦だからいいよね、私なんて仕事が忙しくて遊ぶ暇がなくって”と言われました。本人は無意識なのかもしれませんが、カチンと来ましたね。仲の良い同僚だと思っていたのですが、環境や立場が変われば、考え方も変わるのかなと思いました」( 30歳女性・IT)
 
自虐的な発言のように見えて、しっかり相手をマウンティング。昔は仲がよかったからと親しくしていた友達が突然、牙を向いてきたようにも感じますよね。
 

人脈を自慢してくる

 

「常にネイルがきれいな女友達。どこのネイルサロンか聞くと、“知り合いのプロのネイリストにお友達価格でしてもらえたの”と。友達だから安くしてもらえるのかはわかりますが、すごい人脈があると自慢されたようでイライラ。私も安くなるのか聞いてみると“私は特別価格だけど、あなたはどうかなぁ…”と。聞くんじゃなかったと後悔しました」( 31歳女性・主婦)
 
誰もがお得に美しくなりたいもの。周りよりもすごいコネクションがあると自慢したい気持ちが見えますよね。

高学歴をアピール

 

「ママ友になにかにつけて、高学歴をアピールしてくる人がいます。資格取得を目指している話をすると“その資格試験、落ちる人っているの?”と。資格試験を受験して、合格するのが当然という顔をしてくるのがムカつきます。そのママ友には言わなかったけれど、実は資格試験を受験するのは3回目。2回も不合格だったなんて、絶対に言えません」( 25歳女性・美容)
 
勉強ができるのは素晴らしいこと。しかし自分にとっての常識を他人にも押し付けないでほしいもの。誰もが同じように合格しているわけではないという配慮がほしいですよね。
 

そのうち、友達いなくなるよ?

 

マウンティングで他人を蹴落とし、優越感を得たいのかもしれません。しかし不愉快な気持ちにさせる人の周りからは、徐々に友達が減っていきます。疎遠になった人が増えた実感があるなら、一度自分の発言や態度を見直していく必要がありそうです。
 
(番長みるく/ライター)
 
■ハイスペック彼氏でマウントを取る女性を待ち受けていた悲惨な末路【前編】
■ハイスペック彼氏でマウントを取る女性を待ち受けていた悲惨な末路【前編】
■すべて失う……マウントを取りすぎた女性に待っていた恐ろしい末路
 

あなたに憑いているのは誰の生き霊?

せい(ひらがな)必須

めい(ひらがな)必須

性別必須

人間関係】の最新記事
  • 終電逃して流れで朝まで……うっかりお泊りの後始末はどうつける?
  • おいしそう! ハロウィンに使えるレシピ特集
  • 男女関係だけじゃない!? 女性からも距離を置かれる「重い女」とは?
  • 「アラフォー男性」に勘違いされやすいLINEの内容とは?
  • ママ友サークルはマウント地獄? 「あらゆる面で一番になりたい」ママ友達【前編】
  • 新米ママの写真共有アプリが招いた悲劇【後編】
  • 新米ママの写真共有アプリが招いた悲劇【前編】
  • 狂気……ママ友に相談事をしたら即拡散! 生き地獄を経験しました【後編】