わたしの方が勝ってる!
そんな風に職場において謎のマウントを取ってくる人っていませんか?
「なぜここで?」と言いたくなりますが実際にマウント女はいるんですよね。
 
今回は、そんな職場にいるやばいマウント女あるあるとその心理について考えてみました!
 

忙しいマウント

 

大変大変と忙しいマウントをとる人はいませんか?
 
仕事しにきているわけですから忙しいのは当たり前です。
なのにタイピング音をカチャカチャとうるさくしてみたり、ため息を多めについてみたり、当然「あー!」とか言って手一杯な感じをアピールしてみたりと人よりも自分の方が忙しいんだとアピールしてくる人です。
 
このように忙しい忙しいとアピールする人には構ってほしいという心理が隠れています。
自分は他人よりもこんなにも忙しい!こんなにも頑張っている!なのに誰も褒めてくれない!
そんな風に考えているわけなんです。
 
本当に業務に偏りがあり1人に負担が集中してしまっているのか、それともただのかまってちゃんの忙しいアピールなのか。
業務の見える化を行うとわかりやすいかもしれません。
 
毎日の業務を書き出す、ルーティーン業務のマニュアルを作成するなどしてみると本当に業務が多いのか、また非効率にやっているのかなどが見えてきます。
忙しいマウントに辟易としているチームでは一度やってみるといいかもしれません。

プライベート充実マウント

 

わたしの方が私生活充実してますよ!という謎のマウントをとる人がたまにいます。
 
例えばいろんな季節ごとのイベントを楽しんでいる雰囲気を職場に持ち込んだり、特に予定がないという人に「え〜人生の半分は損してるよ〜」とかって言ったりする人のことです。
 
このようなプライベート充実してますマウントを取る人は、実は孤独な人の可能性があります。
話ができる人が周りにおらず、私生活が充実しているということを職場でしか話せない人なのです。
 
嫌いでなければ逆に友達になってみるのもありかもしれません。
 

偉い人と親しいマウント

 

会社の偉い人と仲良しですよ!というマウントをとる人は周りにいませんか?
 
「専務に誘われて食事に行った」とか「部長の家に招待された」とか。
言外に「わたしは偉い人に可愛がられているぞ!」「何かしようものなら偉い人がバックにいるぞ!」みたいなことを匂わせてくる人です。
 
完全に虎の威を借る狐状態。こういうマウントほど付き合ってられませんよね。
 
こういった偉い人と親しいですよというマウントを取る人ほど自分に自信がありません。
だから偉い人の力を借りて自分をすごい人のようにみせようとするわけです。
 
自分自身で勝負できるよう自分を磨くことに一生懸命になりたいものですね。

さいごに

 

今回は、職場にいるやばいマウント女あるあるとその心理について考えてみました。
マウントを取ってくる人って意外といますがそんなマウンティングに参加することほど無意味なことはありません。
 
早々に戦いから降りて自分自身で勝負できるようになりたいものですね。
 
(死にたい女/ライター)
 
■やっかいな「マウント女子」をさらりと交わす、4つ対処法!
■ハイスペック彼氏でマウントを取る女性を待ち受けていた悲惨な末路【前編】
■職場でのマウンティング~仕事のライバル?対等の関係?身近な女性社員編
 

人間関係】の最新記事
  • いじめ、マウント……ムカつくママ友に完全勝利!
  • ボスママの存在が怖すぎる……本当にあったママ友エピソード
  • 女ばかりの職場って面倒くさい! 女性特有の面倒あるある
  • その発言、大丈夫? 友達が離れていく、マウンティング発言
  • マウント、自己中……ママ友界隈で嫌われる女性あるある4選
  • 好感度は「声」が重要だった! 好感を持たれる簡単ボイトレをご紹介
  • 職場で嫌われる女性・かわいがられる女性の違い
  • 仲良しのママ友の態度に異変……私がママ友仲間からハブられたまさかの理由