ママ友の世界は、ママの社交性やコミュニケーション能力が問われる場所。嫌われるママ友にはハッキリとして特徴があります。
今回は、距離を置きたい嫌われママ友の特徴をご紹介します。
 

マウントばかりとってくるママ友

 

「目を見る度に、子供の教育に関するマウントばかり。塾のプリントの進度がこうで、先生にこれだけ褒められて、といつもうちの子より上だよ、と優位アピールばっかりしてくる」(31歳)
 
「うちは子供の多い高層マンションの低層階に住んでいるのですが、高層階に住む友達はいつも「高層階マウント」をとってくる。高層階の子供だけ集めてホームパーティを開いたり、高層階の子だけ近くの塾や習い事で優遇されるよ、とデマを流したり……。」(36歳)
 
一番多かった嫌われママ友の特徴はズバリ「マウントばかりとってくるママ友」。
ママ同士では、子供服のブランド、教育、成績、家、などマウントの取り合いになる事項が盛りだくさん。
子供を使って人の上に立ちたい、と考えているママは口を開く度に常にマウントジャブの嵐でしょう。

子供の話ばかり

 

「口を開く度に「ムスメがームスメがー」って自分の子供の話ばかり。しかもどうでもいい話ばっかりなんですよね」(35歳)
 
「せっかく子供抜きでランチに行っても延々子供の話ばかり。自分自身を持っていないのかな?と思うしこっちの子供のことは興味も無さそう」(39歳)
 
子供の話ができるのがママ友の利点……であることは間違いないのですが、それは有効な情報であることに限ります。あまりにもくだらなくてどうでもいい子供の話はいくらママ友でも嫌われてしまうのです。
子供の話題や自慢はそこそこに、ファッションやメイク、地域のお洒落なカフェの情報の引き出しが多いママさんは好かれる傾向に。
 

愚痴ばかり

 

「会う度に旦那さんの愚痴ばかり……こっちが聞いていて疲れます」(31歳)
 
「子供の愚痴、旦那さんの愚痴、姑さんの愚痴、ふだん仲良くしてるはずのママ友の愚痴……面倒な人間関係だなあと」(36歳)
 
ママ友さんにちょっとした愚痴をこぼす分にはひとつの話題として構わないはずですし、聞いていて面白い愚痴ならいいのですが、本人の愚痴のはけ口にされては誰だって疲れますよね。

子育ての価値観が違いすぎる

 

「自分の子がうちの子を叩いたり意地悪したりしているのに、おしゃべりに夢中で見てみぬフリをしていたり、注意してもヘラヘラしながらダメよーって言うだけ」(32歳)
 
「うちはお菓子とかゲームはそこまで子供に与えてないのに、無許可で子供に与えまくる。うちは子供を早く寝かせているのに、その家が遅いからって遅くまで遊ぼうよ、と誘ってくる」(40歳)
 
こちらの意見はマウントママ友の次に多かった意見でした。子供が他の子に危害を加えているのにビシッと注意しないママは、本当に多いですよね。あまり人前で大声で叱るのもどうかと思いますが、子供に舐められない範囲の躾は外でもきちんとしたいものです。
 
また、家庭のルールを無視し強要してくるのも困りますね。子育てのルールは、その家庭が正解を決めるものです。
 

嫌われママ友につかまらないようご注意を

 

特に子供が小さい頃は、ママ友同士の付き合いは重要ですよね。一度イヤなママ友に捕まってしまうと、子供の人間関係を考えると離れにくい……ということもありえますので、ママ友さんとの付き合いは慎重にしていきたいですね。
 
(mashu/ライター)
 
■旦那とママ友がまさかの不倫!? 泥沼不倫劇【前編】
■『社宅妻の苦労』月一の奥様会、ボスママの存在……もうウンザリ!【前編】
■め、めんどくさ……本当にあった「迷惑ママ友」エピソード3つ
 

人間関係】の最新記事
  • 今は彼氏いらないのに……頼んでないのに言われた“クソバイス”
  • うっかり友人とセックスしても友情を壊さない振る舞い方
  • ママ友にSNSを教えたら「大変なことになった」エピソード3つ
  • 結婚している女友達のノロケがムカつく時の対処法
  • 仲良しのママ友が旦那の元カノだった? 怖すぎるエピソード【前編】
  • 心の距離感を無視して入ってくる人の特徴と対処法
  • 【恋人未満】セフレ・キスフレ・ソフレ・カモフレって何?
  • 変わっちゃったな……学生時代の友人に嫌われる女の言動