子どもが幼稚園や保育園に入園するのをきっかけに、SNSをやめる女性は大勢いるようです。
 
ママ友と些細なことでSNSトラブルに発展するのを避けるためでしょう。
 
新米ママはSNSとどのように向き合うべきなのでしょうか? 様々なSNSのうち、最適なものはどれなのか解説します。
 

SNSは使いたいけど、ママ友への対応が気になる

 

老若男女問わず、ほとんどの人が利用しているのがSNS。しかしママ友とSNSで繋がっている人は少ないようです。あえてママ友とSNSで繋がるのは避けているケースが多い様子。
 
普段の生活が丸わかりになる投稿を見てしまうと、様々な感情が湧き上がるからかもしれません。そこで今回は、新米ママがSNSをどのように活用すべきかを解説します。

SNSは誰と繋がっている?

 

学生時代の同級生や趣味友達、仕事関係者など、ママ友以外とSNSで繋がっている人がほとんど。ママ友と繋がっている人の中には、まだ子どもが赤ちゃん時代の頃に知り合ったという声が多かったです。
 
幼稚園や保育園など、集団生活が始まる前のほうが気軽にSNSでつながりやすいのかもしれません。
 

ありがちなママ友とSNSのトラブル

 

あえてママ友とSNSで繋がらないのは、子どもが関わっているから。ママ友の中には、ネットリテラシーが低い人もいます。
 
ネットリテラシーとは簡単にいうと、ネットを適切に使いこなせる能力のこと。SNSは誰が見ているのかわかりません。住んでいる場所や個人情報が公にならないように配慮して投稿する必要があります。
 
ネットリテラシーが低い人の投稿からで、自分の子どもの名前や習い事の内容、住んでいる地域が明らかになる危険性も。リスク回避のために、ママ友とはSNSでつながらないと決めている人もいるのです。
 

実際にあったママ友とのSNSトラブル

 

SNSを通じて、ママ友とどんなトラブルがあったのか、先輩ママに聞いてみました。
 
「下の子どもが生まれたときに、上の子のママ友が家に来ました。出産祝いを持ってきてくれたところまではよかったんです。私がトイレに行っている隙に、生まれたばかりの我が子の写真を撮影して、勝手に彼女のInstagramに投稿されました。消すようにお願いしましたが、今も子どもの名前と写真、生年月日はそのまま。最悪です」(30歳女性/会社員)
 
「子どもが保育園に行くことを嫌がり、夜に泣くことがありました。保育園のお片付けが上手にできないことがつらいと泣いていたのです。先生に相談しても、解決に至らず。イライラをTwitterに書き込んだら、それを見た同じ保育園のママ友が保育園の責任者にその投稿の内容を知らせてしまったのです。Twitterに書き込んだ私も悪いけど、わざわざチクるなんて」(28歳女性/主婦)
 
SNSを通じてママ友とトラブルになった出来事は数多くあるようです。そこで、新米ママはどのようにSNSを活用すればいいのでしょうか?

SNSの活用法は?

 

新米ママが注意すべきSNSの活用方法についてまとめました。
 

Twitter

 

独り言のようにつぶやきたくなるのがTwitter。家族への不満やイライラを発散したくなりますが、Twitterは誰が見ているかわからないもの。非公開のTwitterにするか、無難な内容を発信するにとどめておきましょう。どんな内容も人によっては不快に感じるものです。

Instagram

 

「幸せな生活を多くの人に見てもらいたい」という自己顕示欲を満たせるのがInstagram。しかしママ友にプライベートな面や、自慢したい気持ちを悟られてしまうと厄介な問題に発展しがち。ママ友とInstagramでつながるのは避け、非公開設定にしておきましょう。「Instagramで繋がりたい」と誘われたら、「見る専門で全然投稿していないの」と断っておきましょう。

LINE

 

SNSというよりも、連絡手段の一つという認識があるのがLINE。LINEの交換をしたところで、たまにしか連絡しないだろうからと、気軽にLINEするとトラブルに発展することも。よくあるのがママ友複数のグループライン。SNSに投稿すればいいような近況報告をグループラインにしてくる人もいます。
 
よっぽど仲良くならない限り、LINEは交換しない方がいいかもしれません。
 

SNSではプライベート感を出し過ぎないのが吉

 

ママ友とSNSがつながると様々なトラブルに発展する可能性が高まります。トラブルを防ぐために、ママ友とはSNSで繋がらないのがベスト。
 
しかし、既にSNSで繋がってしまった場合は、プライベート感を出さないようにしましょう。日記のように近況報告を長々と書いたり、家族のことについて詳細に投稿したりするのはやめておくこと。無難な内容の投稿にとどめておきましょう。
 
またママ友など、他人の個人情報なども投稿したり、SNSのコメントには書き込まないようにすること。誰かが傷つくような投稿はやめましょうね。
 
(番長みるく/ライター)
 
■仲良しのママ友が旦那の元カノだった? 怖すぎるエピソード【前編】
■【実録】ママ友グループの「グループLINE」に潜んでいる深い闇5選!
■怖すぎ! ママ友界隈の破ってはいけない掟

あなたに憑いているのは誰の生き霊?

せい(ひらがな)必須

めい(ひらがな)必須

性別必須

人間関係】の最新記事
  • 新米ママの写真共有アプリが招いた悲劇【前編】
  • 狂気……ママ友に相談事をしたら即拡散! 生き地獄を経験しました【後編】
  • 彼氏、旦那の奪い合い……女友達との泥沼エピソード!
  • 嫁姑問題よりも厄介!? 小姑の口出しで家庭生活が炎上【後編】
  • ソフレからセフレになってしまったら、男性と距離を置くべき?
  • 狂気……ママ友に相談事をしたら即拡散! 生き地獄を経験しました【前編】
  • 嫁姑問題よりも厄介!? 小姑の口出しで家庭生活が炎上【前編】
  • 不倫夫をかばう姑との壮絶バトル――わかっちゃいたけれど「結局一番かわいいのは息子」【後編】