大人になると友達って作りにくくなりますよね。
 
さらに学生時代の友達とライフスタイルが異なると、連絡もしづらくなってしまいます。
 
その一方でいくつになっても気心知れた仲間に囲まれ、楽しそうな人もいるもの。
 
「友達なんていなくても平気」と思う反面、「ひとりぼっちって寂しいな……」と自分の中で葛藤が芽生えてしまいますよね。
 
そこで今回は「大人になってから出来る『友達の作りかた』」をご紹介します。
 

職場で

 

毎日行く職場は一番親しくなりやすい場所でしょう。
 
「いままでは仕事上の付き合いだけだったけれど、職場の飲み会をきっかけに仲良くなった」「転職したら友達ができた」など、あることを機に仲が深まるケースもあります。
 
とはいえ職場に気の合う人がいない、もしくは職場の人とプライベートで会うのは抵抗がある人もいるはず。
 
その場合は以下の方法を試してみるといいかもしれません。

習いごとやサークルから

 

社会人サークルや習いごと、スポーツジムなど、職場以外から友達ができる場合もあります。
 
共通の話題がある上に定期的に顔を合わせるからこそ、学生時代のように自然と仲良くなりやすいでしょう。
 
またお互いの性格をわかった上で、じっくり親しくなれるのも安心できるポイントです。
 

SNSから

 

最近では趣味を通じて知り合う人も多いですよね。
 
SNSで出会い、いわゆるリア友よりも仲良くなった……なんてケースも珍しくないでしょう。
 
日頃からこまめにやりとりをしているので、初対面でもそんなに違和感なく話せるようです。
 
もしふたりきりで会うことに抵抗がある場合は、オフ会として複数人で会うのも方法でしょう。

行きつけのお店から

 

大人になると「行きつけのバーで友達ができた」なんて話も聞くもの。
 
職場や習いごとなど、同じテリトリー内の人とは異なるので、自分の話をしやすいメリットがあるようです。
 
また店員さんと顔見知りになるだけでも、少し気持ちが明るくなるもの。仕事や人間関係に疲れたときにフラっと立ち寄れる場所を作っておくと、心の回復に役立ちそうです。
 

学生時代の集まりから

 

あえて新しい出会いではなく、同級生に目を向けてみるのも方法です。
 
学生時代はそこまで親しくなかったけれど、大人になって再会したら話が弾むケースもあります。
 
同級生だからこそ、一度仲良くなると長く関係が築きやすいでしょう。
 
少人数での集まりや同窓会など、積極的に足を運んでみるといいですね。
 

友達を通じて

 

あとは友達を通じて、新しい友達を作ることもできるでしょう。
 
具体的には友達に誘われて人数合わせの合コンに行ったら友達の友達と親しくなった、共通の趣味をきっかけに友達が紹介してくれたなど……。
 
あとは同性に紹介を頼みづらい場合は、男友達にお願いするのも方法です。
 
男性のほうが友達同士がつながることに抵抗がなかったりするので、合いそうな女子を紹介してくれるかもしれませんよ。
 

さいごに

 

大人になってからでも、意外と友達を作る方法はあるもの。
 
あとは人間関係は相性があるからこそ、たとえうまくいかなかったとしても、自分を責めないことが大切です。
 
一度ダメだったとしても焦らず、時間をかけて気の合う友達を見つけたいですね。
 
(和/ライター)
 
■新しい友達を作るのが面倒くさい――ママ友を作りたくない事情
■私に彼氏ができるとすぐSNSで繋がろうとする――気を付けたい女友達
■今でも仲が良い異性の友達――実は昔好きだった話

人間関係】の最新記事
  • 初対面の人にさりげなく年代を聞き出す方法
  • 気の合う友達が欲しい!大人になってから出来る「友達の作りかた」6つ
  • 「全然聞きたくない!」自分の話をしたがる人たちの共通項と、彼らを遠ざける対処法
  • 仲が良いほど気を付けようキツイ発言!NO MORE毒舌女
  • ご近所トラブルに巻き込まれたときに気をつけたいこと4選
  • マウンティングより厄介!知らぬ間に評判を落とされる悪意のある心理効果
  • 「泥沼の口論を避けよう!」感情的になった時に言葉からトゲを抜く方法
  • 女の友情がもろくも崩れ去る瞬間とは?