「返事が遅いな」と思ったときに、LINEを開いて既読を確認する人もいるでしょう。
 
中には未読のままにしておく人もいますが、未読の時間が長かったり、既読だけついていたりすると、ついつい返信までのタイミングを測ってしまう人もいるのではないでしょうか。
 
人柄確認に有効だという意見もあるようですが、どのようなところで判断しているのでしょうか。意見を伺いました。
 

1:未読時間が長いと嫌い、既読が長いと恋愛対象外?

 

「僕は人からLINEが来た時、好きな人の場合はすぐに読み、すぐに返信します。普通の人の場合は、その時の気分ですぐ見ることもあれば放っておくこともあります。ただし既読をつけたらすぐに返事はします。
 
嫌いな人の場合は既読をつけずに読むか、そのまま放置して気が向いた時に既読をつけます。他の人も似たような感じだろうなと思っているので、LINEを送ってどのくらいで反応してくれるかで相手が自分に好意的かどうか測ることはありますね」(35歳・男性)
 
もちろん、忙しいときに既読だけつける罪悪感がある人や、返信を忘れるため未読にしている人、既読表示を気にしない人などさまざまです。
 
他の人と、自分とで未読・既読の扱いが違わないか、比較してみても良いかもしれませんね。

2:既読後の返信が遅い人は束縛嫌いかも

 

「私自身もそうですが、既読後の返信が遅い人は束縛嫌いな傾向が強いと思います。あくまで自分のペースで返信する人は、恋人ができても自分一人の時間が欲しいタイプです。
 
ただ、私の彼氏は正反対でLINEの返信もマメなタイプですが、自由にしたい派の私ととてもバランスが取れています。正反対だからこそ、補い合える部分もありますね」(32歳・女性)
 
確かに、返信したいタイミングとそうではないタイミングってありますよね。
自分の気持ちやルールに従って返信のタイミングを決めている人は、それを乱してしまう束縛を嫌いそうですね。
 

3:深夜や明け方に返信する人は自己中かも

 

「私も返信のタイミングはすごく気になります。忙しい人がなんとか寝る前に送ってくれるとか、私が返信したのをすぐに返してくれてレスポンスが続いた結果とかならいいんですけれど、深夜や明け方にメッセージを送ってくるのって非常識じゃないですか? 
 
通知をつけていたら起こすかもしれないし、真面目な人だと返信しなきゃと無理しちゃうみたいだし、避けたほうが無難な時間帯だと思います。とはいえ様々な人がいて、その数の考え方があるのであまり固定して考えずに、その人との連絡は楽しみたいですね」(29歳・女性)
 
通知をつけていない人は多いですし、内輪であれば変な時間に送ってしまうこともあるでしょう。
 
しかし、学校ルールや社内規定で寝ているような時間にLINEを送らないよう注意する場所もあります。いつでもLINEを使うようなSNS世代ではない人たちほど、要注意かもしれませんね。

まとめ

 

未読や既読、返信のタイミングといったわずかな情報でも、多くのことを見ている人が一定数いるようです。参考にしようと思った人もいれば、意図していないことで誤解されそうで気をつけようと思った人もいるかもしれませんね。
 
顔を合わせにくいLINEだからこそ、表面上のことばかりに囚われないようにしたいものです。
 
(神崎なつめ/ライター)
 
■「ナンパされてLINEを教えたけど連絡がない」のはなぜ?
■受け身なあの人を変えるには? LINEの頻度に秘密があった!
■脈アリが判明したら――好きな人に告白されるためのLINEアプローチを

人間関係】の最新記事
  • 初対面の人にさりげなく年代を聞き出す方法
  • 気の合う友達が欲しい!大人になってから出来る「友達の作りかた」6つ
  • 「全然聞きたくない!」自分の話をしたがる人たちの共通項と、彼らを遠ざける対処法
  • 仲が良いほど気を付けようキツイ発言!NO MORE毒舌女
  • ご近所トラブルに巻き込まれたときに気をつけたいこと4選
  • マウンティングより厄介!知らぬ間に評判を落とされる悪意のある心理効果
  • 「泥沼の口論を避けよう!」感情的になった時に言葉からトゲを抜く方法
  • 女の友情がもろくも崩れ去る瞬間とは?