喧嘩などをして、自分に非があると感じたときには、やっぱりきちんと謝罪をするべきです。
 
でも、その謝罪が相手の男性の心に響かないものだったら、さらに怒りを倍増させることにもなりかねません。
 
そこで今回は、男性に「謝罪をするとき」に気をつけたいことについて紹介します。
 

「間」を空けない

 

「謝ろうという思いはあるものの、なかなか謝れないままでいると、もうそこから謝れなくなってしまいます。どんどん気まずくなっていっちゃうんですよね」(20代・女性・アパレル)
 
喧嘩をしたあとなど、時間を空ければ空けるほど、どんどん謝りにくくなっていきます。
 
タイミングを失うと、謝罪の壁は高くなっていく一方なので、早い段階で踏ん切りをつけることが大事。
明らかに自分が悪い場合には、それを素直に認めてしまったほうが、自分的にも楽になれるはずですよ。

「言い訳」はしない

 

「謝るときに言い訳をされると、めちゃくちゃ腹が立ちます。なので、自分が謝るときには、とにかく誠心誠意謝ることに専念しますね」(30代・女性・看護師)
 
謝ると決めたのであれな、そこはもう謝ることに徹底するようにしましょう。
 
謝りながらも、変に言い訳や反論をしてしまうと、そこからまた口論が始まる危険性もあります。
言いたいことがあるのなら話し合う、謝るのなら謝る、そこは自分の中でしっかりと線引きをしてくださいね。
 

「軽く流そう」としない

 

「『私が悪かったから、そんなに怒らないでよ』って軽い感じで言われると、余計にイラッとしてしまう。なんかそれって、謝罪とは言えないような気がします」(30代・男性・金融)
 
謝罪をするときに、「まぁまぁ」などと軽く流そうとすると、男性の怒りの火に油を注ぐことになるだけ。
 
ちょっとした怒りの場合はまだしも、本当にイラ立っているときには絶対にやってはいけない行動です。
自分としてはそこまで悪いと思っていなくても、男性がどういう状態であるのかは、ちゃんと見極めるようにしましょう。
 

「具体的」に言いすぎない

 

「悪かったところを細かく具体的に謝罪すると、そこからまた話を蒸し返すようなことになりかねないです。だから、そこは曖昧なままにして謝ることが多いかも」(30代・女性・広告代理店)
 
どこがどう悪かったのかを、具体的に明確にして謝罪をすると、面倒なことになる場合もあります。
そこから再度、怒られることになったり、長々とお説教を食らったりする羽目になってしまうかも。
 
謝罪の気持ちをちゃんと示せば、男性もわかってくれるはずなので、あえて自ら細かくきっちりと謝る必要はないでしょう。

さいごに

 

悪いと感じているのなら、なにはともあれ、素直にその気持ちを伝えるようにしましょう。
 
その誠意が伝われば、きっと男性もわかってくれますし、ふたりの絆だって深まるはずですよ。
 
(山田周平/ライター)
 
■12星座別|喧嘩したくないのに、ついつい言い返して炎上しちゃう人ランキング!
■上司とのウマが合わずに口喧嘩……女性同士の職場トラブル【後編】
■彼氏の言動や行動にイラっ! 喧嘩が多いカップルは相性が悪い?

人間関係】の最新記事
  • ご近所トラブルに巻き込まれたときに気をつけたいこと4選
  • マウンティングより厄介!知らぬ間に評判を落とされる悪意のある心理効果
  • 「泥沼の口論を避けよう!」感情的になった時に言葉からトゲを抜く方法
  • 女の友情がもろくも崩れ去る瞬間とは?
  • 何かにつけて「マウント取られている」とすぐ勘違いする人の末路
  • やたらと男を紹介してくる承認欲求が強めな女友達と距離を置く方法
  • 男絡みで勃発した女同士の仁義なき戦いに終止符を打つ方法
  • 仲良しの友達から急にマウントをとられ始めたら疑いたいこと